やくしまるえつこ、“エクスペリメンタル”で“世界シミュレーター”なコンセプト盤

512

やくしまるえつこがYakushimaru Experiment名義のアルバム「Flying Tentacles」を、坂本龍一のレーベル・commmonsから3月30日にリリースする。

Yakushimaru Experiment

Yakushimaru Experiment

大きなサイズで見る(全4件)

「Flying Tentacles」は、Experiment(実験)の名を冠したやくしまるによるコンセプト盤。素数を譜面化・聴覚化した楽曲や、dimtakt、レーザーギター、OPTRON、スライムシンセサイザーという4台のオリジナル楽器による14分に及ぶセッション、円城塔書き下ろしのテキストの朗読と即興演奏による「タンパク質みたいに」などが収録される。またアルバムのライナーノーツには、今作について「人力、世界シミュレーター。」とのコメントを寄せた円城のテキストと、NTTインターコミュニケーション・センター畠中実主任学芸員による解説が収められている。

なおみらいレコーズのYouTube公式チャンネルでは現在、やくしまる(dimtakt)、ドラびでお(レーザーギター)、伊東篤宏(OPTRON)、ドリタ(スライムシンセサイザー)によるセッション映像のショートバージョンを公開している。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

相対性理論のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 相対性理論 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。