音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

イヤホンズ vs Aice5、前髪むしり合う姉妹対決でユニットの絆深まる

941

「イヤホンズ vs Aice5~それがユニット!~」の様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

「イヤホンズ vs Aice5~それがユニット!~」の様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

堀江由衣、浅野真澄、神田朱未、木村まどか、たかはし智秋からなるAice5と、高野麻里佳、高橋李依、長久友紀からなるイヤホンズによる声優ユニット2組の合同ライブ「イヤホンズ vs Aice5~それがユニット!~」が、11月22日に東京・NHKホールにて開催された。

Aice5のメンバーである浅野が原作を手がけたテレビアニメ「それが声優!」と連動する形で声優ユニットとしての活動をスタートさせたイヤホンズ。一方のAice5は2005~07年の2年間のみの活動で伝説と化していたが、結成10周年と「それが声優!」への出演を機に再結成を果たした。かたやデビュー半年足らずで初のホール公演、かたや約8年ぶりのステージと立場が大きく異なる2組。“vs”と冠された両者のステージは、1組ずつ交互のパフォーマンスで幕を開けた。

2組の対決を煽るオープニングムービーのあと、まずはステージ下段に登場したイヤホンズが最新シングル曲「光の先へ」を披露した。続いて「Re.MEMBER」のイントロに乗せステージ上段に登場したAice5は、妖艶なポーズでソファに寝そべるたかはしを囲むように4人が並ぶ。たかはしは今回のライブのためのレッスン中に右足アキレス腱を断裂するというトラブルに見舞われたが、持ち前のセクシーなキャラクターを存分に生かした演出で会場を沸かせた。両者1曲ずつ歌い終えたところで集合し、ライブの開会を宣言。そして1人ひとり自己紹介とともにライブへの意気込みを語り、ユニット解散後もずっと「ユニットがやりたい」と言い続けていたAice5リーダー堀江は「この日をずっと楽しみにしてました!」と喜びをあらわにした。たかはしは「10年目にして新しいキャラクターを獲得したセクシーギプスAiceパープル、たかはし智秋です」と挨拶。Aice5のメンバーにしてイヤホンズの生みの親でもある浅野は「自分の子供同然であるイヤホンズを千仭の谷に突き落とすかのごとく、お前らの前髪むしってやる! その前髪で筆を作って『勝利』と書いてやる!と宣言してきましたけど、今日はそれを実現します」とイヤホンズをおびやかせた。

挨拶を終えると、2組はライブ対決へ。先攻のイヤホンズは、声優界の大先輩・野沢雅子のナレーションが入った入場曲「overture」からライブを再開させる。「さあ、NHKホールの舞台へ進め! イヤホンズ!」と野沢の声に威勢よく送り出された3人は、ライブ前日にリリースされた1stアルバム「MIRACLE MYSTERY TOUR」からの新曲を含む4曲を畳み掛け、永井ルイ作・編曲の「Magic of love」では魔導書を手にした幻想的なパフォーマンスで観客を魅了した。後攻のAice5は、歌詞の内容がアップデートされた自己紹介ソング「Stardust~Aice5のテーマ~」で場内を一気に盛り上げると、8年間のブランクを感じさせない堂々としたステージを展開した。それぞれ4曲ずつを歌ったところで舞台は暗転し、イヤホンズによるラジオ番組「それが声優!Presents WEBラジオ!」の出張版が場内に流れる。ラジオにはAice5の5人がゲストで登場し、話の流れから2組のメンバーをシャッフルしたスペシャルユニットのコーナーへ。浅野を加え4人となったイヤホンズ、両ユニットのイメージカラー赤、青、黄を担当する6人の“色被り”ユニット、屈強な外国人男性を従えた「たかはし智秋 feat. グッドルッキングガイ」と、この日限りのコラボレーションを繰り広げた。

また中盤のAice5「ショートショートケーキ」では、11月10日に誕生日を迎えたメンバー神田へ4人からのサプライズが。曲中に突然バースデーケーキが運び込まれ、「ハッピーバースデーかんちー」の大合唱が巻き起こると、神田は思わず目に涙を浮かべる。8年前の解散コンサートで行われた堀江へのバースデーサプライズと同じ、ロウソクに見立てた場内一面のサイリウムを息で吹き消す演出も再現された。ライブ終盤には2組が合流し、イヤホンズの「あなたのお耳にプラグイン!」とAice5の「あなたのお口にAice5クリーム!」を合体させた「あなたのお口とお耳にAice5クリームをプラグイン!」を披露。さらにAice5の新曲「Partyしようよ!」を8人でにぎやかに歌ってライブ本編を締めくくった。

盛大なアンコールを受けた8人は、おそろいのTシャツを着て再度ステージへ。イヤホンズのリーダー高橋は「Aice5さんの復活で、その隣に立たせていただくのが私たちなんて……」と涙ぐみながら「今日のライブでユニットって楽しいなって思えたし、イヤホンズのことがもっともっと好きになりました」と思いを伝え、最後はイヤホンズのキャッチコピーを歌にした「成長!全力シンデレラ」を3人で力強く熱唱した。Aice5は再結成が決定してからここまでの道のりを振り返り、たかはしの負傷によるピンチや神田へのサプライズのために極秘裏に作られたLINEグループ「かんちに内緒」などの裏話を告白。「それが声優!」でもメンバーが負傷して危機を迎えるシーンを描いていた浅野は「実際に同じピンチを味わってみて、ユニットの絆を実感しました。マンガの数ページを描き変えたいぐらいの数日間でしたよ。忘れられない1日になりました」としみじみ語った。そしてAice5は11月21日発売のベストアルバム「Aice5 ALL SONGS COLLECTION」から、録り下ろしの新曲「指先 Language」を初披露。最後はもう一度8人で集まり、Aice5のナンバー「Love Power」でおよそ3時間におよんだ姉妹対決の幕を下ろした。

※記事初出時、本文に事実と異なる記述がありました。訂正してお詫びいたします。

イヤホンズ vs Aice5~それがユニット!~
2015年11月22日 NHKホール セットリスト

01. 光の先へ / イヤホンズ
02. Re.MEMBER / Aice5
03. overture / イヤホンズ
04. 背中のWING / イヤホンズ
05. 私でキマリ☆ / イヤホンズ
06. Magic of love / イヤホンズ
07. ヒーローじゃなくていい / イヤホンズ
08. Stardust~Aice5のテーマ~ / Aice5
09. Brand new day / Aice5
10. ふりふり / Aice5
11. 裏・友情物語 / Aice5
12. 耳の中へ / イヤホンズ+浅野真澄
13. マーブルロケット~白い月 / 堀江由衣、木村まどか、神田朱美、高野麻里佳、高橋李依、長久友紀(色被りユニット)
14. Five arrows / たかはし智秋 feat. グッドルッキングガイ
15. プロ根!~地獄の一丁目特訓!の巻~ / イヤホンズ
16. ショートショートケーキ / Aice5
17. 280秒間世界一周 ~幸せのイヤホンを探して~/ イヤホンズ
18. ススメ!音羽少女隊 / イヤホンズ
19. それが声優! / イヤホンズ
20. Lady Go! / Aice5
21. Be with you / Aice5
22. Get Back / Aice5
23. あなたのお口とお耳にAice5クリームをプラグイン! / イヤホンズ & Aice5
24. Partyしようよ! / イヤホンズ & Aice5
<アンコール>
25. 成長!全力シンデレラ / イヤホンズ
26. 指先 Language / Aice5
27. Love Power / イヤホンズ & Aice5

音楽ナタリーをフォロー