音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

bonobos蔡忠浩、森山未來舞台で音楽担当「新しいグルーヴが作れたら」

378

囲み取材の様子。左から蔡忠浩(bonobos)、初音映莉子、森山未來、長谷川寧。

囲み取材の様子。左から蔡忠浩(bonobos)、初音映莉子、森山未來、長谷川寧。

本日11月20日より東京・天王洲 銀河劇場にて上演される舞台「死刑執行中脱獄進行中」の公開稽古と囲み取材が昨日11月19日に同劇場にて行われ、音楽監督を担当する蔡忠浩(bonobos)が作品への思いを語った。

「死刑執行中脱獄進行中」はマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の作者として知られる荒木飛呂彦の短編「死刑執行中脱獄進行中」をベースに、長谷川寧(冨士山アネット)が森山未來を主演に迎えて舞台化した作品。蔡は音楽監督を務めているほか、吉田省念や田中佑司とともに生演奏で舞台を彩る。

昨日の囲み取材に応じたのは森山、長谷川、蔡のほか、劇中で謎の女を演じる初音映莉子の4人。蔡は「物語が真ん中にあるので、物語に反応する役者やダンサーのリズムと、物語を汲んだ僕らのミュージシャン側のリズムやグルーヴがあって。一見、合ってないんだけど、トータルで見ると新しいグルーヴがあるようなものが作れたらいいなと思ってます」と述べた。

また森山は「演劇、ダンス、音楽、美術などさまざまな要素をふんだんに使った舞台」と作品についてコメントし、「身体や言葉だけに頼り切ることなく、1つひとつのマテリアルをどれだけフラットにとらえながら作品世界を構築できるかを切磋琢磨しながら模索しているところ。その場面に立ち会ってもらえると非常にうれしいです」と語る。長谷川は「死刑執行中脱獄進行中」を舞台化した理由について、「荒木さんの作品は身体性がすごく現れている」「短編だと話も膨らませやすいので、その身体性と設定から作品ができるのではないかと思った」と説明した。

「死刑執行中脱獄進行中」は天王洲 銀河劇場にて11月20~29日に上演されたのち、12月には仙台、広島、札幌、富山、大阪にてツアー形式で上演される。

舞台「死刑執行中脱獄進行中」

東京公演

2015年11月20日(金)~11月29日(日)東京都 天王洲 銀河劇場

仙台公演

2015年12月2日(水)宮城県 電力ホール

広島公演

2015年12月5日(土)広島県 JMSアステールプラザ 大ホール
2015年12月6日(日)広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

札幌公演

2015年12月15日(火)北海道 わくわくホリデーホール

富山公演

2015年12月19日(土)富山県 富山県民会館
2015年12月20日(日)富山県 富山県民会館

大阪公演

2015年12月22日(火)大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
2015年12月23日(水・祝)大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

音楽ナタリーをフォロー