筋肉少女帯「おまけのいちにち」最後の1日を大熱狂のうちに締めくくる

389

11月14日、筋肉少女帯がライブツアー「おまけのいちにち(闘いの日々)」の最終公演を東京・LIQUIDROOMで開催した。

筋肉少女帯(撮影:齋藤明)

筋肉少女帯(撮影:齋藤明)

大きなサイズで見る(全18件)

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」最終公演の様子。(撮影:齋藤明)

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」最終公演の様子。(撮影:齋藤明)[拡大]

オープニングSE「大都会のテーマ」が流れる中、超満員のLIQUIDROOMに現れた大槻ケンヂ(Vo, G)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)はずらっと並ぶや「レジテロの夢」をプレイ。彼らはフロアの熱狂を誘うと、大槻がアコースティックギターを手に歌い上げるファンキーな1曲「ムツオさん」や、最新シングル曲にして王道の筋少ナンバー「混ぜるな危険」を連発してツアーファイナルの幕を開けた。

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」最終公演の様子。(撮影:齋藤明)

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」最終公演の様子。(撮影:齋藤明)[拡大]

その後、バンドは「恵比寿! ツアーファイナルだ!」と叫ぶ大槻に煽られたオーディエンスとの一体感あふれるナンバーと、センチメンタルな楽曲群という多彩なセットリストを展開。野水いおりへの提供曲「球体関節人形の夜」や本城のボーカル曲「LIVE HOUSE」などでフロアを熱く盛り上げたかと思えば、最新アルバム「おまけのいちにち(闘いの日々)」のラストを飾る「夕焼け原風景」ではしんみりムードを演出してみせる。そして終盤「踊るダメ人間」「労働讃歌」「ゾロ目」「サンフランシスコ」を一気に畳みかけ、オーディエンスのシンガロングを煽ってステージをあとにした。

左から大槻ケンヂ(Vo, G)、橘高文彦(G)。(撮影:齋藤明)

左から大槻ケンヂ(Vo, G)、橘高文彦(G)。(撮影:齋藤明)[拡大]

アンコールは橘高、本城、内田が奏でる「大都会のテーマ」でスタート。そのメロディに乗ってスーツ姿の大槻が合流すると、バンドは人間椅子とのコラボ曲「地獄のアロハ」の筋少バージョンと、橘高がボーカルを務める「おわかりいただけただろうか」を連射。さらにキラーチューン「釈迦」を投下し、この日最高の熱狂を演出してツアーファイナルの幕を下ろした。

なお筋肉少女帯は10月に行った「おまけのいちにち(闘いの日々)」ツアーの東京・赤坂BLITZ公演の模様が収められたBlu-ray / DVD(タイトル未定)を2016年2月24日にリリース。本作は筋少にとって初のBlu-ray作品となる。

この記事の画像(全18件)

筋肉少女帯「おまけのいちにち(闘いの日々)」
2015年11月14日 LIQUIDROOM セットリスト

01. レジテロの夢
02. ムツオさん
03. 混ぜるな危険
04. 球体関節人形の夜
05. 枕投げ営業
06. バトル野郎~100万人の兄貴~
07. LIVE HOUSE
08. 時は来た
09. イワンのばか
10. 別の星の物語り
11. 生きてあげようかな
12. 夕焼け原風景
13. 踊るダメ人間
14. 労働讃歌
15. ゾロ目
16. サンフランシスコ
<アンコール>
17. 大都会のテーマ
18. 地獄のアロハ
19. おわかりいただけただろうか
20. 釈迦

全文を表示

関連する特集・インタビュー

筋肉少女帯のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 筋肉少女帯 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。