音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ゴスペラーズ安岡&黒沢イベントで「優しい男」三浦大知が競演

921

左より安岡優、黒沢薫、三浦大知。(撮影:緒車寿一)

左より安岡優、黒沢薫、三浦大知。(撮影:緒車寿一)

ゴスペラーズの安岡優と黒沢薫が、昨日11月1日に各ソロ作品のリリースを記念したイベントを神奈川・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場グランドステージにて開催した。

このイベントは安岡が10月21日に初のソロアルバム「バラードが聴こえる」を、黒沢が10月28日にソロシングル「Supernova duet with 三浦大知」を発売したことを記念して行われたもの。黒沢のステージにはシングルにも参加している三浦大知がゲスト出演し、集まった約3000人の観客を沸かせた。

最初にステージに登場したのは安岡。1曲目の「Welcome to the brand new world」では「皆さんの力が必要です! カモン!」とオーディエンスに呼びかけ、大きな手拍子を浴びながら熱唱した。MCでは「もともと詩人が自分の語る物語をメロディにして歌にして届けることで、より多くの皆さん、より心の奥底まで届ける演奏方法を指す言葉が『バラード』です。僕は20年間ゴスペラーズでたくさんの歌詞を書かせていただきました。そしてその、安岡優が改めて1人で物語を歌にして届けたいと思い『バラードが聴こえる』というタイトルを付けさせてもらいました」とアルバムタイトルの由来を語り、収録曲「Luz」を披露した。

続いての黒沢のライブは「横顔」でスタート。この曲が終わると黒沢は「皆さんお待ちかねですよね? では素晴らしいシンガーでアーティスト、三浦大知!」と三浦を呼び込み、「Supernova duet with 三浦大知」を2人でライブ初披露した。間奏で黒沢が「大知!」と声をかけると、三浦はキレのあるダンスパフォーマンスを展開してオーディエンスをさらに盛り上げる。後半では2人のフェイク合戦も繰り広げられた。

MCで三浦は「自分もデビュー10年で、黒沢さんもソロ10年で。黒沢さんに僕のデビュー曲を手がけてもらって、しかも今回粋な計らいをしていただいて、ソロデビュー曲と同じ制作チームで歌わせていただいて。いろいろな意味でアニバーサリーです」と、2005年の彼のソロデビュー曲「Keep It Goin' On」の作曲に携わり、同じ年にソロデビューした黒沢について語った。また、1人の女性を2人で取り合う「Supernova duet with 三浦大知」の歌詞の内容に関して「10年経ってまさか黒沢さんと女性を取り合わせていただくなんて思っていませんでした(笑)。デビュータイミングは17歳ぐらいだったので(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

黒沢は三浦との初のライブパフォーマンスを「一緒に歌うっていうのが僕のテーマだったので、こんなたくさんの人の前で歌えるなんて感無量です」と振り返る。さらに、自身の全国ツアーの北海道公演翌日に駆けつけた三浦のことを「優しい男なんですよ!」と褒め称えた。

黒沢は11月7日より全国ツアー「黒沢薫 LIVE TOUR 2015 "LOVE LIVES"」を開催。安岡は11月3日に宮城・イオンモール名取にて、4日に北海道・三井アウトレットパーク札幌北広島にてインストアイベントを行う。

音楽ナタリーをフォロー