音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

HYDEがティナ・ターナーに!VAMPS、幕張に「マッドマックス」の世界を構築

1876

HYDE(Vo / VAMPS)

HYDE(Vo / VAMPS)

VAMPSによるハロウィンライブイベント「HALLOWEEN PARTY 2015」の千葉公演が、10月23~25日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。この記事では最終日の模様を紹介する。

オープニングパフォーマーは、初日と2日目に続きTommy heavenly6が担当した。彼女は白いベールを頭に乗せ、黒をベースにしたカジュアルなゴスファッションに身を包み、ダークかつファンタジックな「THE SPARKLING CANDY MAN」「Pray」をメドレーで披露。さらに「Hey my friend」でメランコリックな空気を紡ぎ「次はBREAKERZだよ!」という言葉でパフォーマンスを終えた。

BREAKERZはDAIGO(Vo)が今夏挑戦し話題を呼んだ100kmマラソンのゴールシーンを再現することに挑戦。アナウンサーの実況中継とともに、タスキをかけたDAIGO(Vo)が客席後方から現れると、観客は爆笑しながら彼を応援する。ランウェイにはゴールデンボンバーのメンバーに扮したAKIHIDE(G)とSHINPEI(G)が彼を待ち構え、DAIGOがゴールテープを切ったあとには「サライ」が字幕付きで流れるという手の込みよう。DAIGOは「HM! 走り(H)ました(M)」と叫んだのち、100kmマラソン企画をテーマに書き下ろされた「RUN AND RUN」をランウェイで熱唱した。さらにDAIGOは「これは今年しかできないだろうと。あの感動を味わいたくて……。みんなのおかげで思い出しました!」と観客の温かい声援に感謝する。彼が「MMI! めちゃくちゃ(M)盛り上がって(M)いこうぜ(I)!」と叫んだことを機に、バンドは「YAIBA」「灼熱」を畳み掛けるようにプレイ。そして「HALLOWEEN PARTY 2015」全日参加のBREAKERZのステージは「ハロウィンパーティ最高うぃっしゅ!」「何よりHYDEさんと一緒にいれたことが幸せでした!」というDAIGOの言葉で締めくくられた。

続くでんぱ組.incは最新曲「永久ゾンビーナ」のキュートな衣装で現れると、そのままハロウィンムードたっぷりの同曲をパフォーマンス。挨拶代わりにハイテンションなナンバーを届けた彼女たちは、「普段は家にいがちなんですけど、引っ張り出してくれてありがとうございます」「ただ人が怖いだけの集団なんで!」と自虐的な自己紹介で観客を沸かせ「ちゅるりちゅるりら」「Future Diver」をカラフルな映像とともに披露したのち、ランウェイで「イツカ、ハルカカナタ」をしっとりと歌う。さらに「HALLOWEEN PARTY 2015」仕様のセリフを盛り込んだ寸劇から「でんでんぱっしょん」につなげて会場を盛り上げた。

「不思議の国のアリス」のアリスに扮したBooing!!!のYURICAによるパフォーマンスで華やかなムードが作り出されたあとは、ゴールデンボンバーのライブがスタート。毎回観客の予想の斜め上をいく仮装に挑戦している彼らだが、今年は鬼龍院翔(Vo-karu)がベンチ付きのドナルド・マクドナルド、喜矢武豊(Gita-)がヒューマノイドロボットpepper、歌広場淳(Be-su)が風邪薬「コンタック」のキャラクター、樽美酒研二(Doramu)が地デジカに扮し、この日一番の爆笑を会場に巻き起こした。鬼龍院は「今年もがんばって考えた結果、すでにスタミナが切れかかってます!」と息も絶え絶えになりながら熱唱する。MCでは喜矢武が「こう見えても僕、ロボットなんです。いろんな情報を知ってるんで。カボチャ料理の作り方を教えるから!」と予告し、「抱きしめてシュヴァルツ」の演奏中に首にかかっていたタブレットにカボチャスープの作り方の動画を映し出す。しかし途中でアダルトビデオを彷彿とさせる映像を流してしまい、ライブにふさわしくない演出を鬼龍院に叱られてしまう。すると喜矢武の頭からは煙が上がりそのまま倒れ込み、観客は仰天する。終始まで笑いの絶えない演出は続き、「女々しくて」では観客もメンバーと同じ振り付けでおおいに踊り狂っていた。

昨年の神戸公演に続き2年連続の登場となったSilent Sirenは、“キラーラビット~人喰い兎のサイレントナイト~と”名付けられた白ウサギに扮してキュートなポップチューンを披露し、主役であるVAMPSに向けて会場の熱を高めていく。そしていよいよ主役のVAMPSの出番に。赤い照明でステージが染められる中、観客の前に現れたのは映画「マッドマックス」シリーズのキャラクターになりきったメンバーたち。HYDEは「マッドマックス/サンダードーム」でティナ・ターナーが演じた露出度の高い衣装が印象的なアウンティ・エンティティ、K.A.Z(G)は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のコーマ、Ju-ken(B)は「マッドマックス2」に登場するウェズ、JIN(Key)は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のイモータン・ジョー、Arimatsu(Dr)は主人公のマックスに扮し、その見事な再現ぶりに場内は騒然となる。HYDEとK.A.Zは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場するドゥーフ・ワゴンを思わせる車に乗り、「EVIL」をパフォーマンスしながら炎が飛び交うランウェイを移動。K.A.Zはダブルネックギターをかき鳴らしながら、ネック部分からCO2を観客に向かって噴射し、HYDEはCO2で天井から降りてくるウォーボーイズに扮した屈強な男たちを散らしていく。さらに「THE JOLLY ROGER」では、HYDEとK.A.Zは車に乗ったままウォーボーイズが動かすフロートで客席エリアを巡回して、会場の狂騒を煽った。

MCは「どうこれ? 全然萌えないのはわかるよ。でもこれしかなかったんです」というHYDEのエクスキューズからスタート。彼は歴代の「マッドマックス」シリーズのキャラに仮装したことを明かすと、「歌うわよ」と女言葉で観客を挑発。「HALLOWEEN PARTY -JAZZ Ver.-」を艶っぽく、腰をくねらせながら歌い上げる。曲中に彼がK.A.Zの頭にキスをすると悲鳴のような歓声があちこちで上がった。「ANGEL TRIP」で作り出されたさわやかなムードを一掃するように、ラストナンバーとして届けられたのは壮絶な「KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-」。この曲が始まるとHYDEは、突然現れたウォーボーイズに担がれ、ランウェイに出現した檻に閉じ込められてしまう。彼は檻から脱出しようと激しく動きながら、吠えるように絶唱。曲がラストに差し掛かった瞬間に火柱が檻の周辺で上がった。そして炎が消えた瞬間にHYDEの姿も観客の前から消え、あとには不穏なノイズだけが会場に長く響いていた。

VAMPSのライブのあとは、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAのコーナーへ。この日はメンバーとしてライブアクトを務めたアーティストたちに加え、青木隆治、明希(B / シド)、anis(Vo / MONORAL)、Shinya(Dr / DIR EN GREY)、逹瑯(Vo / MUCC)、分島花音と飛び入りのHiro(Vo / MY FIRST STORY)が参加した。HYDEの傍若無人な指揮に演者が翻弄される「Penalty Waltz」のセッションに続いて、anisが進行を務める罰ゲーム付きの「Rhythm Game」がスタートする。anisの半ば強引なジャッジもありつつ、罰ゲームに挑むことになったのはHiro、喜矢武、HYDE。3人はそれぞれランウェイに設置されたマネキンにキスをするという罰ゲームをこなして喝采を浴びていた。イベント最後のMCコーナーでは、DAIGOが100kmマラソン完走のご褒美としてHYDEからの抱擁をリクエスト。敬愛するHYDEから「よくやった」と耳元で囁かれたDAIGOは「やったー! 走ってよかった」と大喜び。また、この日限りのゲスト青木隆治が、花火が打ち上がる様子を自身の声だけで表現するパフォーマンスを届けた。その後、「みんなの力がないと開催できなくなってるんで。皆さんよろしくお願いします。やっぱHSやな。ハロウィン(H)、最高(S)!」というHYDEの言葉をもって「HALLOWEEN PARTY 2015」もクライマックスへ。アーティストたちはテーマソングの「HALLOWEEN PARTY」を歌いながら客席エリアに降りてお菓子をばら撒き、最後まで観客とともにハロウィンの空気を楽しんでいた。

なお恒例の「HALLOWEEN PARTY」を終えたVAMPSは、Apocalypticaのイギリスツアーへの参加も挟みつつ、ジョイントツアー「VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666」を開催する。

「HALLOWEEN PARTY 2015」
2015年10月25日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール セットリスト

Tommy heavenly6

01. Tommy's Halloween Fairy Tale Medley

BREAKERZ

01. RUN AND RUN
02. WE GO
03. YAIBA
04. 灼熱

HALLOWEEN DOLLS(HALLOWEEN COLLECTION)

01. HALLOWEEN PARTY

でんぱ組.inc

01. 永久ゾンビーナ
02. ちゅるりちゅるりら
03. Future Diver
04. イツカ、ハルカカナタ
05. でんでんぱっしょん

Booing!!!(THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2015)

01. 世界でたった一人の君に 
02. yourself
03. ユルネバ 

ゴールデンボンバー

01. ローラの傷だらけ
02. 抱きしめてシュヴァルツ
03. 死 ん だ 妻 に 似 て い る
04. 毒グモ女(萌え燃え編)
05. 女々しくて

Silent Siren

01. LOST.W
02. DanceMusiQ
03. ぐるぐるワンダーランド

VAMPS

01. EVIL
02. REVOLUTION II
03. THE JOLLY ROGER
04. HALLOWEEN PARTY -JAZZ Ver.-
05. AHEAD
06. ANGEL TRIP
07. KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

01. Penalty Waltz
02. Rhythm Game
03. HALLOWEEN PARTY

※記事初出時よりライブ写真を41枚追加しました。

撮影:今元秀明 / 緒車寿一 / 田中和子

音楽ナタリーをフォロー