来年も「1人でもやります!」松崎しげる主催黒フェス、コラボ満載で終幕

391

昨日9月6日に千葉・幕張メッセで松崎しげるのデビュー45周年記念ライブイベント「松崎しげる デビュー45周年『黒フェス』~白黒歌合戦~」が開催された。

「松崎しげる デビュー45周年『黒フェス』~白黒歌合戦~」の様子。

「松崎しげる デビュー45周年『黒フェス』~白黒歌合戦~」の様子。

大きなサイズで見る(全18件)

松崎のデビュー45周年を記念し、9月6日の“クロの日”に開催されたこのイベント。当日はミュージシャンからお笑い芸人まで、バラエティ豊かな出演者が公演を盛り上げていった。

オープニングトークではマイケル富岡が司会として登場。彼に心境を尋ねられた松崎は「いろんな友達が集まってくれました。友達は作っておくものですね」 と笑顔でコメントしつつ、「ここに『黒フェス』を開催いたします!」と高らかに宣言した。

左から西村由紀江、西田敏行、松崎しげる。

左から西村由紀江、西田敏行、松崎しげる。[拡大]

まずはオープニングアクトを竜馬四重奏が務め、続いて登場した大友康平HOUND DOGの楽曲「ff(フォルティシモ)」を披露。サビに入ると観客は拳を突き上げ、大友の熱唱に応えた。対してゴスペラーズは「永遠に」で松崎とコラボし、優しい歌声で会場を包み込む。また葉加瀬太郎は「情熱大陸」などを演奏し、MCでは松崎の印象について「いつも濃い人。スイッチをオフにしている所を見たことがない」と語った。西田敏行はピアニスト・西村由紀江の演奏をバックに「もしもピアノが弾けたなら」を歌い、途中で松崎もギターで参加。松崎は「ハートの温かさでこの人にかなう人間はいません」と西田に向けて敬意を表した。

ステージで共演する松崎しげるとももいろクローバーZ。

ステージで共演する松崎しげるとももいろクローバーZ。[拡大]

その後“黒木瞳が歌う「アナと雪の女王」”などのモノマネを披露した清水ミチコ、「シルエット・ロマンス」 をしっとりと歌い上げた大橋純子など続々と出演者たちがパフォーマンスを披露していく。そんな中コロッケは“五木ロボットひろし”などで観客の笑いをさらいつつ、真剣な趣きで松山千春の「恋」を歌いあげる一幕も見られた。そのほか松崎に次ぐ“年長組”として登場したSTARDUST REVUEは「木蘭の涙」「夢伝説」といった楽曲を演奏。黒い衣装に身を包んだももいろクローバーZは「黒い週末」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」のほか、「キミノアト」では松崎とのコラボも実現する。「キミノアト」について、松崎は「この曲が好きで、自分のアルバムにも入れちゃったんだよな。でも今日(のアレンジ)は半音高いよ! オレ頑張った!」とうれしそうに話した。

TRF、安室奈美恵などのメドレーをプレイしたDJ KOOの後、大トリとして松崎が登場。「Can’t take my eyes off of you」「夢で逢えたら」を歌い終えると「昭和から平成に時代は変わりました。時代が変わっても名曲は受け継がれます」「尾崎紀世彦……キヨのためにも歌います」と旧友である尾崎紀世彦の楽曲「また逢う日まで」を歌い上げた。さらに葉加瀬とコラボした「愛のメモリー」では、出演者全員でサビを熱唱。松崎は「来年もやりたいなっていう気持ちが湧いてきています! 1人でもやります!」と次回開催に向けての意気込みを話し、7時間弱に及ぶイベントの幕を閉じた。

なおWOWOWでは11月に「黒フェス」の模様が放送されることが決定。詳細は追って発表される。

この記事の画像(全18件)

関連記事

松崎しげるのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 松崎しげる / マイケル富岡 / 大友康平 / HOUND DOG / ゴスペラーズ / 葉加瀬太郎 / 西田敏行 / 清水ミチコ / SuG / SILENT SIREN の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。