音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GLAYがカリスマデザイナー密着映画に新曲書き下ろし

GLAYの新曲「LET ME BE」が、7月より公開されるドキュメンタリー映画「イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ」の主題歌に起用されることになった。

抜群のクオリティと手作りへのこだわりで世界の超一流バイヤーたちの間でも信頼を集め、デビッド・ベッカムやリアム・ギャラガーも絶賛するレザーブランド「BACKLASH」。「イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ」はこのブランドのオーナー兼デザイナーを務める片山勇の姿に迫ったドキュメンタリー映画で、東京スカパラダイスオーケストラを追ったロードムービー「CATCH THE RAINBOW」「SMILE 人が人を愛する旅」で知られるビジュアルアーティスト牧野耕一が1年以上にわたって片山に同行し、この作品を完成させた。

主題歌となる「LET ME BE」はTAKUROがこの映画のために書き下ろしたナンバー。今のところこの曲のリリースは予定されていない。

なお映画には片山のほか、加藤隆志(TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)、ウエノコウジ(Radio Caroline)宮上元克(THE MAD CAPSULE MARKETS)の3名により結成されたTHE ANONYMOUSや、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、GAMO(東京スカパラダイスオーケストラ)、田中知之(Fantastic Plastic Machine)といったアーティストも出演。音楽ファンにとっても興味深い内容となりそうだ。

音楽ナタリーをフォロー