音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

ClariS、超満員のオーディエンス誘った初めての“城内巡り”

188

「ClariS 1st Live “扉の先へ”」の様子。(写真提供:SME Records)

「ClariS 1st Live “扉の先へ”」の様子。(写真提供:SME Records)

ClariSのワンマンライブ「扉の先へ」が7月31日に東京・Zepp Tokyoで開催された。

ClariSは2010年のデビュー以来、ライブやアーティスト写真などの露出を一切せず、音楽活動を展開。今回のライブはデビュー5年目にして初の単独公演となった。

ステージにまず登場したのは “執事”を名乗るウサギ面の男性。“ClariS城”の執事だという彼が、この日Zeppに集まった超満員のオーディエンスは、城の主・クララとカレンに招待された宿泊客だとライブの趣旨を紹介する。そしてステージ最前に張られた透過型スクリーンに映し出された柱時計が6時を指すと、白いサマードレス姿のクララとカレンが透過型スクリーン越しに登場。2人はアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」のオープニングテーマにしてkz(livetune)プロデュースの「reunion」「irony」といったド派手なダンスチューンを披露して“ClariS城でのひととき”の幕を開けた。

以降ライブはスクリーンに投影された扉の開く映像を合図にさまざまな表情を見せていく。「irony」ののちに開いた扉の先に待っていたのは、城内探検パート。クララとカレンは階段ステージの上下とその奥の大型スクリーンに映し出されたパステルカラーのベッドルームを背に、アニメ「憑物語」の主題歌「border」をパフォーマンスすると、軽快なギターカッティングが楽曲をリードする四つ打ちダンスロック「CLICK」では「皆さん、ClariS1stライブ“扉の先へ”にようこそ!」「一緒に盛り上がっていきましょう」とフロアを煽る。これにオーディエンスが怒号のような歓声で応え、ClariS城のバルコニーの映像が映し出される中で披露された「Reflect」ではクララとカレンとオーディエンスが一体となってハンドクラップを打ち鳴らした。

ライブ中盤に描き出されるのは晩餐会と“深夜”のひとコマ。執事が「晩餐会では初お披露目の曲を」とのひと言を残しステージをあとにすると、2人はその言葉の通り、昭和歌謡を思わせるメロディが印象的な新曲「アネモネ」を初披露し、またラテンテイストの「YUMENOKI」で巧みなコーラスで魅せるなど、無国籍感あふれる楽曲群で“晩餐会”を彩っていく。さらに「pastel」ではオーディエンスと同じくクララがピンク、カレンがグリーンのペンライトを取り出し、クララが歌えばカレンがフロアを先導するようにペンライトを振り、カレンが歌えばクララがオーディエンスにペンライトを振るよう促し、息の合ったパフォーマンスを見せつけた。その後“深夜”を迎えると、ステージにはおそろいのナイティをまとい、大きな熊のぬいぐるみを抱えたクララとカレンの姿が。彼女たちは女性ダンサーを従え、傘を使ったパフォーマンスで魅せる「rainy day」や、ryo(supercell)作詞・作曲のジャイブナンバー「ナイショの話」で“真夜中のダンスパーティ”を繰り広げた。

DJ和によるClariSナンバーのメガミックスが流れる中、執事とメイドルックのダンサー陣が華麗なステップを踏んで“ダンスパーティ”を締めくくると、ライブは最終盤に。白のドレスにお色直ししたクララとカレンは、城内に設置された遊園地の映像と、会場からあふれかえらんばかりの大歓声に包まれながら「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語」の主題歌「ルミナス」と、「眠り姫」「コイノミ」という初期ナンバー2曲を連投。「コイノミ」の大サビで発射されたメタリックなリボンがフロアに降り注ぐ中、ステージをあとにした。

アンコールに応え「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」の主題歌「カラフル」を披露した2人が再びステージを去ると、フロアからは大「もう1回」コールが。これに押されて再々登場したクララとカレンは熱烈なダブルアンコールに感謝の言葉を告げ、さらに来春全国ツアーを行うことを発表。カレンが「皆さんとまたお会いできることを楽しみにしています」と続けると、フロアからはこの日何度目かとなる大歓声が巻き起こる。そしてこれからもClariSの物語が続くことを象徴するかのようにどこまでも続く廊下の映像が映し出され、彼女たちがテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のオープニングテーマ「コネクト」をパフォーマンスしたところで大団円。「to be continued」のメッセージとともに8時過ぎを指していた柱時計のCGが開演の6時まで巻き戻ったところで“ClariS城でのひととき”の幕は閉じた。

ClariS 1st Live “扉の先へ”
2015年7月31日 Zepp Tokyo セットリスト

01. reunion
02. Clear sky
03. irony
04. border
05. CLICK
06. STEP
07. Reflect
08. アネモネ
09. YUMENOKI
10. pastel
11. Wake Up
12. rainy day
13. nexus
14. ナイショの話
15. ルミナス
16. 眠り姫
17. コイノミ
<アンコール>
18. カラフル
<ダブルアンコール>
19. コネクト

音楽ナタリーをフォロー