音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SHANK、高速曲連投でEVIL STAGEを閉幕

177

SHANK(Photo by teppei kishida)

SHANK(Photo by teppei kishida)

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'15」が本日6月20日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではEVIL STAGEで行われたSHANKのライブの様子を紹介する。

3人は中央に集まり、息をあわせると「Good Night Darling 」「Two sweet coffees a day」とマイナー調の楽曲でライブの幕を開ける。序盤から池本雄季(Dr, Cho)はダイナミックなプレイで高速ビートを繰り出し、庵原将平(Vo, B)は声を張り上げた。

4曲を終えると庵原は盛り上がるフロアを見て「やばかねえ」と長崎弁で驚く。そのままメンバー同士での方言を交えた会話が繰り広げられ、場内には和やかな空気が流れた。そしてバンドはレコーディングを終えたばかりだという新曲「Take me Back」を披露。真っ赤なライトが差し込むステージで攻撃的なメッセージを込めた楽曲をドロップした。

「Cigar Store」の演奏が始まるとファンが詰めかけるように前方に集まり、フロアにはクラウドサーファーが続出。ダビーなイントロが印象的な「620」では松崎兵太(G, Cho)の奏でる裏打ちサウンドに乗せて庵原がゆるやかに体を揺らす一幕も。「Knockin' on the Door」では松崎が倒れそうなくらい体を後ろに反らし、庵原はファンのシンガロングそれにあわせてくるくると回るなど、バンドは遊び心いっぱいの演奏を見せた。

松崎によるメランコリックなアルペジオから、バンドの演奏は「Set the fire」へ。庵原はより一層熱のこもったボーカルを聴かせた。そして駆け抜けるように「Long for the Blue moon」をドロップ。さらにアンコールに応えて、ステージの後方にある「EVIL」という電飾を背に堂々と熱演を繰り広げ、EVIL STAGEの幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー