チームしゃちほこ、幕張2日目で覚醒!メンバー作詞で「マジ感謝」

422

チームしゃちほこが5月9、10日に千葉・幕張メッセ イベントホールにてワンマンライブ「幕張HOLLYWOOD」を開催した。この記事では2日目の模様をレポートする。

“ゆずゆずぽんぽん”状態でステージを盛り上げた安藤ゆず。

“ゆずゆずぽんぽん”状態でステージを盛り上げた安藤ゆず。

大きなサイズで見る(全35件)

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。[拡大]

1日目「おっとりガールの逆襲」では、足を負傷し車いすに乗ってのパフォーマンスを余儀なくされた安藤ゆずを抜群のチームワークでフォローしながら、いつも以上にパワフルなステージを展開した彼女たち。2日目「おっとりガールの覚醒」は、「全員整列!」の号令で始まる「OEOEO」で勢いよく幕を開けた。6人は1曲目から、花道の先のセンターステージや左右に伸びたウイングステージを駆け回る。安藤も前日と同様、タキシード姿で仮面を付けた“しもべ”のサポートを受けながら元気な歌声を披露した。秋本帆華のエアギターから始まる「エンジョイ人生」では、安藤が「ライブハウス幕張へようこそー!」と叫び、満員のアリーナ会場を焚き付けた。

一気に4曲を畳み掛けた彼女たちは、ここで改めて「『幕張HOLLYWOOD』にようこそいりゃあせー!」と挨拶。前日は客席に分け入って歌うなど、メンバーいわく「昨日はフリーダムすぎた」咲良菜緒は、満員の客席を見回しながら「みんなが座ったらどうなるんだろう。座ってみて」と総立ちで声援を送る観客を座らせてフリーダムぶりを発揮する。そして車いすに座った安藤は「今日も座ってますけど、ゆずゆずぽんぽんしていまーす! ゆず的レベル段階なんだけど、1がぽんぽん、2がゆずゆず、3がゆずゆずぽんぽん。まだ上までいけるよ。更新し続けるから」と謎の尺度で元気をアピールした。

伊藤千由李によるDJパフォーマンス「DJ-CHIYU MIX」の様子。

伊藤千由李によるDJパフォーマンス「DJ-CHIYU MIX」の様子。[拡大]

5月13日発売のニューシングル「天才バカボン」に収録される新曲「Twilight」から始まった次のブロックでは、咲良のソロによるロックナンバー「ベイビーミソカツ」、大黒柚姫がソロで歌うキャッチーなアイドルソング「ら・ら・ら・アイドル」と目新しい楽曲が続く。伊藤千由李のDJプレイ「DJ-CHIYU MIX」を挟んでの「でらディスコ」では、天井のミラーボールが大量の光を放ち、アリーナを巨大なダンスフロアへと変貌させた。その後ステージに1人残った安藤は、前日のステージで坂本遥奈、伊藤とのユニット「安藤ゆずとストロベリー・グッバイ・フォーエバーズ」の楽曲「私がセンター」が未遂に終わったことについて憤慨し、スタッフにダメ出しする様子を写真で紹介。「ちゃんとゆずゆずぽんぽんしてんのか!」と発破をかけ、坂本、伊藤とともに「私がセンター」を最後まで歌い切った。

「私、今から覚醒します」と言い残しステージ奥へと消えてゆく秋本帆華。

「私、今から覚醒します」と言い残しステージ奥へと消えてゆく秋本帆華。[拡大]

3人と入れ替わりで登場した秋本は幻想的なソロナンバー「おっとりガールの憂鬱」を歌ったのち、「私、今から覚醒します」とステージ背面の仰々しいセットの中へと消えた。するとハリウッド映画を思わせる壮大なサウンドと映像演出に合わせ、けたたましい爆発音が鳴り響く。爆発のたびに“覚醒”したと思われるメンバーが1人ひとり姿を現し、6回目の爆発音とともに秋本がステージへ。「覚醒、完了。今からがっつりライブだよ! やるかやられるかの勝負だよー!」という秋本の叫び声から、合計10曲におよぶ連続パフォーマンスが始まった。「もーちょっと走れ!!!」では安藤を除くメンバーがスタンド席通路へと飛び出し、「んだって!!」ではステージに豪快な火柱が上がる。「まだまだこんなんで終われるはずないだろ? 付いてこれんのか? これんのかー?」という安藤の煽りからのラスト3曲「トリプルセブン」「そこそこプレミアム」「乙女受験戦争」ではメンバーと観客が一体となって多大な熱気を作り上げた。

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。[拡大]

アンコールの声を受け再度登場したしゃちほこは「愛の地球祭」を歌うと、秋本がメンバーを代表して「こうやって皆さんと会えて楽しむことができて本当に本当にうれしいです」と感謝の言葉を伝える。さらに秋本が「次歌う曲は、私たちが今の思いを、感謝の気持ちを、自分たちで歌詞にしてみました」と宣言すると、6人で歌詞を書き換えた「マジ感謝」を披露。これはメンバー自身の発案で、歌詞を変えて歌うことを知っていたのはわずかなスタッフのみ。しゃちほこの“店長”こと長谷川マネージャーすらも知らされていなかったという。いつも支え合っているメンバー、家族、親友、そして店長と、それぞれに感謝の思いを込めて書いた歌詞を自ら歌い、思わず涙を浮かべてしまうメンバーも。支え合いながら歌う6人の姿に、観客からは温かい拍手が送られた。

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。

チームしゃちほこ「幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~」の様子。[拡大]

そして最後に6人は、それぞれの言葉でこの2日間を振り返る。伊藤は「みんなに楽しんで帰ってもらうことが目標だから泣かないって決めたんです。だから泣いてないです」とボロ泣きで語り、「あと、いつかソロ曲が欲しいです」と泣きながらリクエスト。場内の空気に「ちょっとやりづらいんだけど」と苦笑しながら語り始めた安藤は「この1カ月間本当にくやしくて、何もできない自分が情けなくて。ゆずもステージに立てるように急遽演出を変えてくださったり、メンバーも嫌な顔1つ見せずに……普通文句の1つや2つ言ってもいいと思うのに、誰も嫌な顔見せずに『大丈夫だよ』って練習に付き合ってくれて。そして皆さんがピンクのペンライトを振ってくれて、みんなに支えられて、安藤ゆずは今幕張メッセに立てています」と感謝を伝える。さらに「ゆずはダイヤの原石ではありません。ゆずは土です。でも土はこねると瓦になったりできるの。だからゆずはしゃちほこを支える屋根になりたい」と目標を語ると、大黒は「ゆずが土ならゆずきは雑草になる。花は枯れるけど雑草は踏まれても立ち上がるから」と返し、「メンバーみんなで支え合って、踏まれてもへこたれずに……皆さんをいつかNHKホールに連れていきたいなー。大晦日に」と付け加えた。

挨拶を終えると、6人はおもむろにストレッチを始め、安藤の「それでは皆さん、踊る準備できてますかー?」という煽りに続いて、ラストナンバー「抱きしめてアンセム」をパフォーマンス。メンバーは一緒にライブを作り上げてきた“しもべ”が彼女たちの振り付けを手がけるREIであることを明かし、7人でステージを締めくくった。

なお今回のライブの模様は、7月上旬にMTVにてオンエアされる。

※記事初出時、一部曲名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全35件)

幕張HOLLYWOOD~おっとりガールの覚醒~
2015年5月10日 幕張メッセ イベントホール セットリスト

01. OEOEO
02. エンジョイ人生
03. 待つわ~DD大歓迎~
04. ごぶれい!しゃちほこでらックス
05. Twilight
06. ベイビーミソカツ / 咲良菜緒
07. ら・ら・ら・アイドル / 大黒柚姫
08. DJ-CHIYU MIX~でらディスコ
09. 私がセンター / 安藤ゆずとストロベリー・グッバイ・フォーエバーズ
10. おっとりガールの憂鬱(覚醒バージョン)/ 秋本帆華
11. いけいけハリウッド
12. もーちょっと走れ!!!
13. お願い!unBORDE
14. ピザです!
15. 勝手にハイブリッド
16. んだって!!
17. ザ・スターダストボウリング
18. トリプルセブン
19. そこそこプレミアム
20. 乙女受験戦争
<アンコール>
21. 愛の地球祭
22. マジ感謝
23. 抱きしめてアンセム

MTV「MTV LIVE:TEAM SYACHIHOKO -幕張HOLLYWOOD-」

2015年7月上旬放送予定(詳細は後日発表)
番組詳細URL:http://www.mtvjapan.com/syachihoko

しゃちサマ

2015年8月28日(金)愛知県 ラグーナビーチ

全文を表示

関連記事

TEAM SHACHIのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 TEAM SHACHI の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。