音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

木村拓哉カローラ新CMにPUFFY、ミリヤ、翔太、細野、OKAMOTO'Sら

369

MRライブパフォーマンス中のPUFFY、加藤ミリヤ、清水翔太。

MRライブパフォーマンス中のPUFFY、加藤ミリヤ、清水翔太。

本日4月13日、東京・TFTホールにてトヨタの新型「カローラフィールダー」のPRイベントが行われ、広告キャラクターである木村拓哉SMAP)とCM楽曲「丘を越えて」を歌唱している加藤ミリヤ清水翔太PUFFYが登場した。

3月末から放送されている新CM「カローラフィールダー 丘を越えて」編、「カローラフィールダー 丘を越えて・セーフティ」編、「カローラアクシオ 丘を越えて・モダン」編は、木村拓哉が専用ゴーグルを使い、カローラフィールダーで未来のドライビングシステムを体験するという内容。昭和歌謡の名曲「丘を越えて」に乗せてさまざまな道を軽快に走り抜けていく様子が全編CGで描かれている。脇を固めるのは、石川さゆり、加藤ミリヤ、清水翔太、細野晴臣矢野顕子OKAMOTO'S、PUFFYの計7アーティスト。それぞれにアレンジした「丘を越えて」を歌いながら木村と豪華な歌のリレーを実現させている。

本日のイベントでは、世界初のMR(MIXED REALITY)ライブパフォーマンス「MIXED REALITY LIVE!」が実施された。ステージでは3組のアーティストによる「丘を越えて」のライブが行われ、PUFFYが1番、清水が2番、ミリヤが3番を歌唱。一般観覧者は専用ゴーグルを使いながらステージを見つめ、現実のステージとCGが交錯した視界を体験した。なお、この模様は360°カメラで撮影されており、4月22日15:00よりTOYOTOWNのWEBサイトで配信される。

その後、新型「カローラフィールダー」と木村が登場。木村は先ほどのライブの感想を「すごい光景でしたね」と述べる。一方、完成したCM映像についてPUFFYは「私たちデビュー前からよく2人だけでドライブに行くんですけど、これを観るとドライブに行きたくなります」、ミリヤは「スポーティなデザインでカッコいいなと思います。ぜひ木村さんに運転していただいて助手席に乗りたいですね(笑)」、清水は「先ほど皆さんと歌わせていただいた『丘を越えて』とともに、カローラも生まれ変わってカッコよくなったなと思います」とコメントした。

木村は、すべてグリーンバックで撮影したという今回のCMの撮影秘話や感想を司会者とトーク。ドライブ好きの木村がオススメしたい場所は?という質問には、「最近はずっと撮影しっぱなしで行けていないんですけど、僕はやっぱりアウトドアが好きなので、どちらかというと海方面ですね。海方面は最高ですよ。(サーフ)ボードも乗せて」と答える。また、この場で木村も専用ゴーグルを装着してMRを体験することになり、木村は未知の視界に「うお!」「すっげえこれ、なんだこれ」「めちゃくちゃ走ってます!」「わ、来ましたよ! こっちに向かって」「飛んだ! 飛んだ!」と興奮している様子を見せた。

TOYOTOWNのWEBサイトでは、CMに出演中のアーティスト7組が、CM撮影現場にてスマートフォンを使って自撮りした「丘を越えて」のスピンオフ動画が本日より公開されている。

音楽ナタリーをフォロー