音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ストレイテナー、ミスターの北海道ドラマを“渾身のバンド力”で彩る

738

ストレイテナーが4月22日にニューシングル「The Place Has No Name」をリリース。本作の表題曲が4月からテレビ東京系にてスタートする深夜ドラマ「不便な便利屋」のオープニングテーマに決定した。

「不便な便利屋」は“ミスター”こと鈴井貴之が脚本および監督を務めるドラマ。北海道の田舎町で便利屋を営む3人の男たちの姿を描いたコメディで、便利屋を岡田将生、鈴木浩介、遠藤憲一が演じる。

今回ストレイテナーは鈴井たっての要望によりオープニングテーマを担当することとなった。彼らと鈴井は互いのライブや舞台の観覧をし合う間柄で、ホリエアツシ(Vo, G)はent名義で鈴井の舞台のテーマソングを手がけた経験もある。ホリエは今回の起用について「ロケ地となる赤平にも、夏でしたが鈴井さんに連れて行っていただいたこともあり、その冬景色に思いを馳せながら楽曲を作りました。作品のストーリーに込めた監督の意思も受け、心に刺さる張り詰めたエモーショナルを渾身のバンド力で鳴らします」と意気込みを語っている。

「The Place Has No Name」は最新アルバム「Behind The Scene」以来、約半年ぶりの新作。シングルはDVD付きの初回限定盤とCDのみの通常盤という2形態が用意される。初回限定盤のDVDでは昨年11月に行われた全国ツアー「Swimming City Flying Circus TOUR」の東京・渋谷CLUB QUATTRO公演から10曲分の映像を観ることができる。

ホリエアツシ(Vo, G)コメント

鈴井さんと岡田くんのタッグと伺えばもう、ストレイテナーとして何がなんでもやらせていただきたかったです。

ロケ地となる赤平にも、夏でしたが鈴井さんに連れて行っていただいたこともあり、その冬景色に思いを馳せながら楽曲を作りました。作品のストーリーに込めた監督の意思も受け、心に刺さる張り詰めたエモーショナルを渾身のバンド力で鳴らします。

鈴井貴之 コメント

ホリエ君と出会ってもう何年前になるのでしょうか? 一緒にお仕事をさせていただいたこともありますが、僕はストレイテナーもentも、それ以上にホリエ君が好きなのです。物静かな中にある底知れない想像力。だからこのドラマに楽曲をお願いしたのです。ホリエ君が生み出す楽曲は、このドラマの舞台である白銀の世界同様、真っ白な世界に沢山の色を重ねてくれる。そもそもは白から始まる。そんな曲がこのドラマに更なる色を加えてくれるのだと思います。

岡田将生 コメント

ストレイテナーの大ファンです。こんなことがあっていいのか。こんな嬉しい事はありません。何回もLIVEにも行かせてもらい、汗だくになりながら興奮してた自分が、まさか自分が出演するドラマのオープニングをやってもらえるなんて。このドラマには奇跡が舞い降りてます。

ストレイテナー「The Place Has No Name」収録内容

CD

01. The Place Has No Name
02. 覚星
03. The Place Has No Name -instrumental-
04. 覚星 -instrumental-

初回限定盤DVD

"Swimming City Flying Circus TOUR -2014.11.28 at SHIBUYA CLUB QUATTRO-"
01. The Novemberist
02. 泳ぐ鳥
03. BLACK DYED
04. Super Magical Illusion
05. クラムボン・インザエアー
06. Wonderfornia
07. You and I
08. 彩雲
09. The World Record
10. 瞬きをしない猫

音楽ナタリーをフォロー