音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46、生ドルでメンバー相手に検証企画

172

左から松村沙友理、秋元真夏、深川麻衣、永島聖羅、中田花奈。

左から松村沙友理、秋元真夏、深川麻衣、永島聖羅、中田花奈。

乃木坂46の松村沙友理と中田花奈がMCを務めるニコニコ生放送のレギュラー番組「生のアイドルが好き」第19回が、10月27日に生配信された。

この番組は松村と中田が毎回旬のアイドルをゲストに迎えてトークを繰り広げるアイドル音楽番組。今回は「『何度目の青空か?』大ヒットありがとうSP!」と題して配信され、ゲストとして乃木坂46から秋元真夏、深川麻衣、永島聖羅の3人、さらに告知ゲストとして後藤まりこが出演した。

最近シングル「何度目の青空か?」のPVオンエアに続いてカメラがスタジオを映し出すと、松村&中田がトークを開始。2人が緩い会話を続けていると、突如横から「乃木坂46でーす!」と秋元、深川、永島が乱入し、そのまま5人でマイペースのトークを展開する。この日は秋元の声が嗄れてガラガラだったものの、5人はまるで楽屋で会話するかのように、誰がMCかわからなくなるような会話を続けて視聴者を楽しませた。

その後、「メンバーのプロフィールとかは本当なのか? 検証企画!」と題してゲストの3人がプロフィールやインタビューなどで発言したことは本当なのかを、さまざまな企画を通じて実証していった。まずは「秋元は反復横跳びが特技」を実際にスタジオで反復横跳びをして検証。秋元を除くメンバーの大半が次々と好成績を残す中、最後に秋元が挑戦すると平均以下という微妙な結果に。秋元は「運動神経がない界ではいいほうなんだけど、今日みたいに得意な人が入っちゃうとダメ」と言い訳をして、あくまで自分の中では好成績であることを主張した。

続いては「深川は常に聖母でいられるのか?」と、温厚な深川にどんなことをしても平常を保つことができるかを調べていく。最初はほかのメンバーが1分間、深川にイタズラをしても笑顔だった深川も、続いて箱の中に入ったものを当てるゲームでは、多少動揺した様子を見せる。最終的には間違った回答をするものの、箱の中に入っていたのが亀だとわかると若干驚いたものの、その後は「カワイイ!」と言って普通に持ち上げてみせた。そして肩などに使う低周波マッサージ機を手に付けても平静を保てるかをチェック。まずは秋元で試してみるが、あまりの衝撃にキョンシーのような姿勢のままのけぞってしまう。続いて深川が挑戦すると、いつも以上にリアクションをする結果に。さらに永島、松村、中田も続けて試すと、全員大声を上げてスタジオを爆笑させる。最終的には「聖母にもいろんなときがある」という結論に達して検証を終えた。最後は「永島は握手会でそんなにテンションが高いのか?」を検証するために、メンバー同士で“エア握手会”を実施。中田が松村、秋元、深川、永島の順で握手したが、「らりん(永島)のところでエネルギー持ってかれた(笑)」と永島のテンションの高さを実証した。

番組後半にはメンバーが目をつぶって寝たふりをして、3分で起きられるかを実験。3分間無言になることから番組スタッフに「今回が過去最大の放送事故になるかも」と言われていたが、いざ始まると秋元が寝言と称して独り言を話し始める。これにペースを見出されたのか、中田が一番3分に近い数字を叩き出すものの、ほかのメンバーはみんな3分からかけ離れた結果で終わった。そして最後は「何度目の青空か?」のサビを指定されたモノマネで歌うコーナー。普通に歌っていると、突如ほかのメンバーから指定されたモノマネで歌うことになるのだが、最初に挑戦した秋元は声がガサガサなため、どんなモノマネをしても一緒になってしまう。その後は永島、深川、松村がそれぞれ秋元康、高山一実、ローラなどのモノマネで善戦。最後の中田は平泉成、ドラえもん、芦田愛菜のモノマネでスタジオを盛り上げた。

楽屋トークのような盛り上がりの中、乃木坂46のゲストコーナーが終わると、続いて後藤まりこがスタジオに登場。後藤が生ドルに登場するのは2度目で、前回は大先輩を前に緊張気味だったMCの2人も今回はリラックスして番組を進行していった。さらに2組は「叩いて被ってジャンケンポン」や「モノボケ」などを通じて親睦を深め、約90分にわたる番組を終えた。

「生のアイドルが好き」は今後も毎月1回、旬のアイドルをゲストに迎えて配信予定。今回の番組の模様はCSアイドル専門チャンネル「Pigoo」でもオフショット映像を追加してオンエアされている。なおナタリーでは配信終了後、松村と中田に番組の感想を聞いた。

乃木坂46 松村沙友理&中田花奈コメント

──生ドルに2カ月連続で乃木坂46のメンバーがゲストで来るのは、これが初めてですよね?

2人 そうなんです。

中田 乃木坂のメンバーが来ると本当に段取り無視というか(笑)、楽屋での感じに近くなってしまって。声のトーンも1トーン高くなって、素の私が出ちゃってるんじゃないかと思います。でも好きですね、落ち着いてできますし。

松村 自然過ぎちゃうというか。

中田 そう。だから出演者だけで盛り上がっちゃって、観てる人はついてきてくれてるのかなって心配になります。それと、今まではいろんなアイドルさんが来てくれることがうれしいと思ってたけど、乃木坂が来るときは身内ならではの楽な部分もあるから(笑)、どっちもいいかなっていう気がしてきました。

松村 やっぱりメンバーのことはよくわかってるので、やりやすいですよね。今日もなぜかまなったん(秋元)がMCみたいなところもあったし(笑)。

中田 途中、誰がMCなのかわからなかったよね(笑)。

松村 うちらも一緒になって遊んじゃうし。お互いを知ってるぶん、いつもとは違う楽しさはあります。私はアイドルさんについてそこまで詳しくはないので、普段ゲストさんを迎えるときは新鮮な気持ちなんですけど、乃木坂のメンバーが来るときはアットホームって感じで楽しいです。

中田 あと番組に来てくれたメンバーがみんな「楽しかった! また出たい!」って言ってくれるから、それがうれしいですね。(星野)みなみなんてずっと「また行きたい、生ドルー」って言ってくれて。

松村 カワイイーっ!

──そして、後藤まりこさんも2度目の登場になります。前回のような緊張感はなくなりましたよね。

中田 そうなんです。本当に大先輩なんで、前回はかなり緊張して。今回はだいぶリラックスしてできてるなと途中まで思ってたんですけど、最後の最後で噛み倒してしまったので、もっと落ち着いて番組を進行したいです。もう19回目なので(笑)。

松村 でも今日は後藤さんから近付いてきてくれて、距離が縮まりました。

中田 物理的に縮まってくれたので(笑)。

──次で番組も20回目ですよ。

中田 そうですよ、ありがたいことに。1年過ぎただけでも「もう1年!?」って驚いたのに、今日まいまい(深川)も「1年ぶりに生ドルに来た」と言っていて。そんなにやってるんだなって、改めてビックリです。

松村 すごーい!

中田 ……えっ、それで終わり?(笑)

松村 すごーい!(笑)

音楽ナタリーをフォロー