音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

VAMPSハロパ神戸でHYDE×kyoデュエット

693

デュエットするkyoとHYDE。(撮影:今元秀明、緒車寿一)

デュエットするkyoとHYDE。(撮影:今元秀明、緒車寿一)

VAMPSによるハロウィンイベント「HALLOWEEN PARTY 2014」の関西公演が、10月25日と26日に兵庫・ワールド記念ホールにて行われた。

10月17~19日に千葉・幕張メッセで行われた関東公演の熱狂も冷めやらぬ中、神戸に上陸したVAMPSの面々。幕張公演同様、ワールド記念ホールには凝った仮装に身を包んだオーディエンスが集まりおどろおどろしくも華やかな空気を醸し出していた。なおこの記事では25日公演の模様を紹介する。

「みなさーん、元気に死んでるかーい?」というジバニャンの声でおなじみの声優・小桜エツコの挨拶を経て、トップバッターを務めるDAIGOが登場。彼は幕張公演の初日と同じスタイリッシュなルパン三世に扮し、「無限∞REBIRTH」「BUTTERFLY」といったナンバーでオーディエンスの熱狂を煽る。MCでは渾身のモノマネメドレーも披露し喝采を浴びるも「衣装も曲目もバラしていいけど、明日もやるのでネタだけは内緒に!」と観客にネタバレ禁止をかわいらしく懇願していた。

転換中はおなじみのファッションショー「HALLOWEEN COLLECTION」やカラオケ大会も実施。「HALLOWEEN COLLECTION」では個性豊かな仮装に挑戦した観客のほか、ダークなミニーマウスになったTommy heavenly6や「るろうに剣心」の登場キャラクター志々雄真実に扮したシドの明希(B)の姿も。明希はMCのやまだひさしに幕張公演の打ち上げではしゃぎ過ぎ、じん帯を傷めたことを暴露され観客の笑いを誘っていた。

ライブアクト2番手のSilent Sirenは、各メンバーが「アダムス・ファミリー」のキャラクターに扮し、キュートなパフォーマンスで観客を魅了。ラストナンバーの「ぐるぐるワンダーランド」ではパグズリィ・アダムス姿のゆかるん(Key)がステージのセンターに駆け出して客席を煽り、華やかな空気を会場に送り込んだ。続くムックの面々は女装をテーマにした格好で登場。「魔女の宅急便」のキキになりきったYUKKE(B)、スケバン刑事になったミヤ(G)、日本エレキテル連合のネタ「未亡人朱美ちゃんシリーズ」の朱美ちゃんに扮したSATOち(Dr)、そしてロングヘアを生かした貞子姿の逹瑯(Vo)が現れると場内には大歓声が響きわたる。いつものようにストイックにパフォーマンスをする4人だが曲の間では、逹瑯は10年ぶりにすね毛を剃ったことを明かし、SATOちは「ダメよ、ダメダメ!」と朱美ちゃんのセリフをサンプラーで流したりとユーモアあふれる演出でオーディエンスを笑わせていた。

VAMPSは、幕張公演でも披露した海賊の仮装で登場。スカルメイクを施した海賊姿のArimatsu(Dr)、バイキングに扮したJIN(Key)は、ヤッタランになりきったJu-ken(B)、キャプテンハーロックに扮したK.A.Z(G)が馬車に乗って現れると客席からは悲鳴のような歓声が起こる。そして「THE JOLLY ROGER」でライブの口火が切られると、アリーナエリアに現れた財宝の上で旗を掲げて高らかに歌うHYDEの姿が。彼はロングヘアの赤髪と黒い眼帯、フリルをあしらったゴージャスなドレスという、シングル「GET AWAY / THE JOLLY ROGER」のジャケットにも描かれた女海賊を思わせる格好で情熱的な声を響かせる。彼は曲中に車椅子エリアに移動し、その場にいたファンと握手をしたり、肩を抱いたり、ハイタッチをしたりと触れ合いを堪能していた。

HYDEはその後、フロートに乗り込み「REVOLUTION II」でオーディエンスを煽り、「今日はずいぶんイカした関西弁の妖怪が集まってるな。まさか人間はいないだろうな? みんなBLOODSUCKERSだろうな!」「この曲はモッシュしたら楽しそうだなと思って作りました。今日は僕の責任でモッシュしてもいいんで!」と叫び新曲「BLOODSUCKERS」へとつなげた。VAMPSは、激しいロックチューンを連投するだけでなく、「VAMPIRE'S LOVE」で切ない空気を紡ぎ出す一幕も。柔らかなピアノの音色に繊細なK.A.Zのギターの旋律、そしてHYDEの情感豊かな歌声が会場内に響いた。

ラストはVAMPS、DAIGO、ムック、Tommy heavenly6、明希、分島花音、柩(NIGHTMARE)、Shinya(DIR EN GREY)、ROLLY、Silent Siren、kyo(D'ERLANGER)らからなるHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAによるセッション。「Penalty Waltz」では指揮者として出演者を翻弄したHYDEだが、続く「Rhythm Game」ではkyoの代理で罰ゲームを引き受けることに。この罰ゲームではタコを触るハメになり、「ふひゃっ!」とかわいらしい悲鳴を上げて観客を大爆笑させた。kyoは「HYDE、サンキュー。アイラブユー」と自分の身代わりになったHYDEを抱きしめ「おかげでかなりの数を敵に回したな」とひと言。するとHYDEが「大丈夫です。kyoさんの敵は俺の敵です」と答え、黄色い歓声を浴びた。

そして「せっかく来てもらったので」というHYDEの言葉をきっかけに、ムックとROLLYの演奏をバックにHYDEとkyoがD'ERLANGERの「LA VIE EN ROSE」をデュエット。この日限りのスペシャルセッションで観客を魅了したあとは、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAによる「HALLOWEEN PARTY」をもって神戸公演の初日が締めくくられた。

「HALLOWEEN PARTY 2014」
2014年10月25日 ワールド記念ホール セットリスト

DAIGO

01. 無限∞REBIRTH
02. BUTTERFLY
03. 心配症な彼女
04. CHANGE !!

Silent Siren

01. Sweet Pop!
02. 恋い雪
03. ビーサン
04. ぐるぐるワンダーランド

MUCC

01. ENDER ENDER
02. G.G.
03. ニルヴァーナ
04. Mr.Liar
05. 蘭鋳

VAMPS

01. THE JOLLY ROGER
02. REVOLUTION II
03. BLOODSUCKERS
04. ANGEL TRIP
05. VAMPIRE'S LOVE
06. HALLOWEEN PARTY -ROCK ver.-
07. SEX BLOOD ROCK N' ROLL

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

01. Penalty Waltz
02. Rhythm Game
03. LA VIE EN ROSE
04. HALLOWEEN PARTY

音楽ナタリーをフォロー