音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

だいきプロデュース、リナチックステイト始動

124

シークレットゲストとして登場したリナチックステイトによるライブの様子。(Photo by HORI)

シークレットゲストとして登場したリナチックステイトによるライブの様子。(Photo by HORI)

TAKENOKOやじゅじゅのプロデューサー・だいきが手掛けるソロアイドル・リナチックステイトが、9月26日に東京・新宿レッドノーズにて開催されたじゅじゅ主催ライブ「じゅじゅの宴」にシークレットゲストとして登場し、プレデビューライブを行った。

リナチックステイトは18歳の高橋りなによるソロアイドルプロジェクト。過去にアイドルとして活動していた経験はあったものの、ソロとしての資質に惚れ込んだだいきによって新たに活動をスタートさせることになった。

この日のライブは、活動半年を迎えたじゅじゅの2人によるステージからスタート。ねうとしらいからなるじゅじゅは“呪い”をテーマに過去や負を歌うユニットで、普段は黒い衣装を着ているがレアな白の中華風衣装を着て登場する。そして新曲「つぶやき」を含む4曲を歌唱して大歓声に包まれた。

リナステはじゅじゅのライブ後にステージにその姿を現す。アンドロイドのような出で立ちと長いツインテールが特徴の彼女を観たオーディエンスは彼女の魅力に引き込まれ大歓声を送った。そして彼女は持ち曲である「虹色SunShower」を緊張した表情ながら堂々と歌い上げ、大きな拍手に包まれた。

リナステは翌日に東京・赤坂BLITZにて行われた「アイドル甲子園」のオープニングアクトに登場し、多くのオーディエンスに見守られながらステージデビューを果たした。なおナタリーではプロデューサーのだいきにリナステのコンセプトなどをインタビューした。

プロデューサー・だいきコメント

リナチックステイトのコンセプトは「未来」や「希望」や「夢」で、今の若い世代や疲れきった大人たちにリアルに響く歌を届けていきたいと思い、りなの今の状態を表現したり、みんなを「りなりな」にしてやるぜ的なノリでリナチックステイト(りなみたいな状態)という名前にしました。「りな、なんだっけ?」とか「りななんちゃら」とか、名前が覚えにくいと早速言われてますが、定着させたら勝ちかなと。
衣裳は妄想キャリブレーションさんや、寺嶋由芙さんの衣裳などを手がけているMIYABIさんにお願いしまして、「未来や希望がテーマって言ったら、もう宇宙だろ!」ということで、生地に宇宙柄を取り入れたり、わかりやすさを重視してみました。今まであまり肌の露出がある衣裳は私自身避けていたのですが、今までより露出多めです。
私的には、明るく元気に成長を見せていく「TAKENOKO」、過去や負を唄う「じゅじゅ」、今や未来を唄う「リナチックステイト」で、とりあえず当初構想していた環境がやっと整ったかなという感じです。
ソロアイドルは今までに手がけたこともなければ関わったこともないので、いろいろ恐れず挑戦していければと思っています。

音楽ナタリーをフォロー