音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ピエール中野が9mm滝、大森靖子、ミト迎えPerfumeカバー

1810

ピエール中野(凛として時雨)が8月13日にミニアルバム「Chaotic Vibes Orchestra」をリリース。今作の収録曲に関する新たな情報が発表された。

今作にはKYONO(WAGDUG FUTURISTIC UNITY、T.C.L)をゲストMCに迎えたカオティック・スピードキングの初レコーディング曲「SORA」、ドラマー20名が一斉にセッションしたドラムオーケストラ(タイトル未定)の収録がすでに公表されていた。

今回新たに、Perfume「チョコレイト・ディスコ」のカバーと、agraphこと牛尾憲輔が手がける実験的な楽曲が収められることが決定。「チョコレイト・ディスコ」カバーは打ち込みを使用しない“人力カバー”となっており、ギターおよびアレンジに滝善充(9mm Parabellum Bullet)、ボーカルに大森靖子、ベースにミト(クラムボン)を迎えて音源化される。agraphによる楽曲には、ピエール中野が叩いたドラムの音を1音ごとにサンプリングして再構築するという手法が用いられる。

このほか、カオティック・スピードキング「SORA」のミックスを、TK(凛として時雨)が担当することも発表された。この音源は本日6月30日(月)深夜25:00より放送のニッポン放送「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」の中で初オンエアされるので、お聴き逃しなく。

音楽ナタリーをフォロー