音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

“中間管理職”マキシマム ザ ホルモンがメッセで大暴れ

4448

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催。この記事ではSATAN STAGEに登場したマキシマム ザ ホルモンのステージの様子をレポートする。

トリプルヘッドライナーの1組目として登場したマキシマム ザ ホルモンは1曲目から「恋のメガラバ」を投下。いきなりのキラーチューンに、集まったハラペコたちは大興奮で踊りメッセを揺らした。

MCではナヲ(ドラムと女声と姉)が「サタニックカーニバルへようこそ! ほんまにすごいっす。十数年前にPIZZA OF DEATHのTシャツを来てダイブしまくってた“Sサイズの自分”に教えてあげたい」と冗談交じりに感激を語る。さらに、2組前に出演していたSiMのMCを受け「今日は偉大な先輩たちと、2010年代を背負っていく新世代がいて、わてらどうしたらええんや」「でもわれら中間管理職、新世代に負けてらんねーぞ!」と鼓舞。そしてマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)のエッジィなギターのリフが響き渡ると、バンドは「What's up, people?!」へ。トリッキーなリズムに乗せた重厚なサウンドでさらにオーディエンスの熱狂を煽った。

その後も彼らは上ちゃん(4弦)のうねるようなベースが印象的な「便所サンダルダンス」、ナヲのキュートな歌声と男性陣の攻撃的なボーカルが交互に織り交ぜられた「シミ」など、アッパーチューンを畳み掛ける。また4人はアグレッシブな演奏はもちろん、フロアに飛び交うカラフルなライトやナヲとダイスケはん(キャーキャーうるさい方)による軽妙なトークでもオーディエンスを魅了した。

後半にはダイスケはんが「お前らでっかい会場つかって自由に遊んでんな。ええ顔して」とフロアを見渡しながらうれしそうに語る場面も。そしてバンドは、ハラペコたちが“膣ジャンプ”で再び会場を揺らした「my girl」、マキシマムザ亮君と上ちゃん、ダイスケはんがヘドバンを繰り返した「ぶっ生き返す!!」でさらに会場の熱を上昇させる。最後は恒例の“恋のおまじない”から「恋のスペルマ」へ。オーディエンスの盛大な合唱とともに、4人は汗だくで60分のステージを完遂した。

音楽ナタリーをフォロー