福山雅治、50万人動員ドームツアー完結!次はアジアへ

543

福山雅治のドームツアー「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」が、昨日5月25日の大阪・京セラドーム大阪で千秋楽を迎えた。

福山雅治「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」の様子。

福山雅治「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」の様子。

大きなサイズで見る(全4件)

福山雅治「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」の様子。

福山雅治「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」の様子。

大きなサイズで見る(全4件)

全国6カ所14公演を行い、約50万人を動員した今回のツアー。最終公演には約4万人が集まり、福山のパフォーマンスに酔いしれた。

厳かなオープニングSEをバックに福山が登場すると、大きな拍手が沸き場内の熱狂は一気にピークに達する。福山はまず、アリーナ席エリアに設けられたセンターステージに移動すると、アカペラで「Beautiful life」を歌い出し観客をうっとりとさせた。

MCで彼は「このツアーとアルバムの成功は、アナタのおかげなんです!」とファンに感謝を告げると、最新アルバム「HUMAN」からの楽曲だけでなく、新旧のヒット曲を披露することを宣言。淡いピンク色の照明のもとで「桜坂」を歌い上げたり、「MELODY」や「生きてる生きてく」を披露したりしてファンに感謝の思いを歌で表現した。また「HUMAN」の収録曲を披露する際にはイメージ映像を盛り込み、各楽曲の世界観を視覚的にも伝えた。

全楽曲を演奏し終え、福山がバンドメンバーとともにステージを去ろうとするとオーディエンスは彼を引き止めるように拍手と歓声をあげる。その熱烈な声に応え、福山はアコースティックギターの弾き語りで「家族になろうよ」を披露。ファンはその優しい歌声とギターの調べに耳を傾け、ツアーファイナルの余韻に浸った。

無事全国ツアーを終えた福山は、6月より初のアジアツアー「FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014in ASIA」を開催する。

FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014in ASIA

2014年6月7日(土)台湾 台北アリーナ
2014年6月14日(土)香港 香港コンベンション&エキシビションセンター ホール5(B-C)
2014年6月15日(日)香港 香港コンベンション&エキシビションセンター ホール5(B-C)

この記事の画像(全4件)

福山雅治のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 福山雅治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。