矢野顕子、sasakure.UK交え「飛ばしていくよ」全曲披露

152

矢野顕子が昨日5月22日に東京・渋谷CLUB QUATTROでライブハウスツアー「飛ばしていくよツアー2014」の千秋楽を迎えた。

矢野顕子「飛ばしていくよツアー2014」渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:天田輔)

矢野顕子「飛ばしていくよツアー2014」渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:天田輔)

大きなサイズで見る(全7件)

ふなっしーのハンドマペットを装着する矢野顕子。(撮影:天田輔)

ふなっしーのハンドマペットを装着する矢野顕子。(撮影:天田輔)

大きなサイズで見る(全7件)

矢野顕子とsasakure.UKのセッションの様子。(撮影:天田輔)

矢野顕子とsasakure.UKのセッションの様子。(撮影:天田輔)

大きなサイズで見る(全7件)

矢野顕子「飛ばしていくよツアー2014」渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:天田輔)

矢野顕子「飛ばしていくよツアー2014」渋谷CLUB QUATTRO公演の様子。(撮影:天田輔)

大きなサイズで見る(全7件)

3月に発表した最新アルバム「飛ばしていくよ」を携えて全国3都市のCLUB QUATTROを、千葉広樹(B)と神谷洵平(Dr)という強力なリズム隊と、アルバムにも参加しているsasakure.UKとともに回った矢野。各地のライブでは、「飛ばしていくよ」を中心にした濃密なパフォーマンスが披露された。

この日、待ち焦がれたファンの拍手と歓声に迎えられた矢野は、1曲目として「かたおもい」をパフォーマンス。めまぐるしく展開していくトラックと、千葉と神谷が紡ぐダンサブルなグルーヴに乗せて浮遊感のある歌声を響かせる。さらに矢野が「在広東少年」のイントロをピアノで奏でると、フロアの熱気は急激に上がっていった。軽やかなアンサンブルにあわせて矢野はこの曲を奔放に歌い上げ、喝采を誘った。「どーも! 矢野顕子です」という気さくな挨拶のあと、彼女は「片割れのrei harakamiがなかなか仕事してくれなくて(笑)。そのときまで既存のCDを聴いてね」とユーモアたっぷりに語り、先ほどまでとは打って変わって抱擁感のある声で「おおきいあい」を歌い上げた。

「愛の耐久テスト」が終わったところで矢野はsasakure.UKを呼び込み、一旦退場した。sasakure.UKは自身のオリジナル曲「カムパネルラ」をパフォーマンスし、穏やかでファンタスティックな空気を紡いだ。sasakure.UKの自己紹介のようなソロコーナーが終わると、彼と矢野のMCへ。矢野は「sasakure.UK、いったいこの名前はどのような……」と名前の由来を聞き、彼が「福島出身で空っ風で指にささくれができるんです」「UKのUはアンダーグラウンドと、Kは自分の本名の頭文字をとって。大人になる前につけたんです」と説明すると、「UKなのにささくれ……」と微笑みながら口にした。そして続けてsasakure.UKとのコラボで作られた「Captured Moment」「ごはんとおかず」と、「電話線」のカバーをトークを交えながらパフォーマンス。「ごはんとおかず」については「最初は『ごはんができたよ2』って呼んでたの。あれは田舎から出てきた人が家族と離れて暮らす中で、『家族っていいな』って思う曲なんだけど、『ごはんとおかず』は結婚して家庭を持ってる人」と曲中の設定を語り、「電話線」については「1976年のデビューアルバムに入ってる曲で、何百回もやってるのに同じライブは1回もないの。今日も新しい『電話線』をお聴きください」と紹介した。

sasakure.UK退場後に行われたMCでは「森下仁丹の鼻・のど甜茶飴」について「1粒舐めてみたら皆さんも納得してくださると信じてます! お帰りの際はぜひ!」とその効果とライブ会場で販売していることをアピールしたり、バンドメンバーからふなっしーのハンドマペットを“貢がれ”て大喜びしたりと矢野のチャーミングな一面が垣間見える場面が続出。トークで十二分に会場が盛り上がったところで、「リラックマのわたし」や、神谷のドラムを中心に曲が展開する「Happiest Drummer」、ダイナミックなピアノとエネルギッシュな歌声で観客を魅了する「Never Give Up on You」が届けられる。曲ごとに表情を変える矢野の声にあわせ、神谷はブラシやマレットを使いさまざまなリズムを刻み、千葉は心地よいグルーヴを生み出した。

そして観客のハンドクラップと矢野の歌声が融合した「ISETAN-TAN-TAN」、タイトル通り躍動感たっぷりの「飛ばしていくよ」で本編は終了。さらにアンコールでは矢野顕子流のアレンジが新鮮な「YES-YES-YES」のカバーが披露され、アルバム「飛ばしていくよ」のリリースツアーは終幕したように思われた。しかし、アンコールを求める拍手が止まず、矢野がみたびステージに姿を見せた。「やる曲がございません!」とエクスキューズした彼女は、童謡の「ひょうたんぽっくりこ」を歌い始め、会場を巻き込んでチャントを開始。遊び心たっぷりのダブルアンコールを観客も矢野も堪能し、幸福な余韻を残してライブは終幕した。

矢野顕子「飛ばしていくよツアー2014」
2014年5月22日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. かたおもい
02. 在広東少年
03. おおきいあい
04. 愛の耐久テスト
05. カムパネルラ(※sasakure.UKソロ)
06. Captured Moment
07. ごはんとおかず
08. 電話線
09. リラックマのわたし
10. Happiest Drummer
11. Never Give Up on You
12. ISETAN-TAN-TAN
13. 飛ばしていくよ
<アンコール>
14. YES-YES-YES

この記事の画像(全7件)

関連する特集・インタビュー

矢野顕子のほかの記事

リンク

関連商品