音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ぐっちゃぐちゃで狂喜乱舞!BiS階段の壮絶解散ライブ

286

BiS非常階段によるユニット、BiS階段の解散ライブ「BiS階段 LAST GIG」が昨日5月6日に東京・WWWで開催された。入場時に「当該コンサートの開演中にいかなる事故が発生し危害が加わろうと主催者側に何ら責任がないことを誓約いたします」と書かれた誓約書にサインすることが必須という不穏なイベントながら、会場は満員の観客で開演前から熱気に満ちていた。

この日メンバーは、同時刻に東京・日本武道館でワンマンライブを行っているでんぱ組.incの楽曲をBGMにステージに登場。ライブはまず「nerve」からスタートし、早くもフロアは大きく沸き上がった。そして1曲目が終わると、続いて流れてきたのは同じく「nerve」のイントロ。曲が終わっても何度も「nerve」が繰り返され、BiSのメンバーはフロアにダイブしながら会場の後方まで観客の上を泳いでいく。

7回目に「nerve」が演奏された際は、メンバーがステージ上に集まって休憩し始めるという一幕も。ラウンドガールのようにステージ上で演奏回数を知らせていた男性が13回目をアナウンスすると、BiSのメンバーが男性を捕まえて絵の具でグチャグチャにし、そのまま客席にダイブさせた。

「nerve」の13回連続パフォーマンスを終えると、MCもはさまず後半戦に突入。「GET YOU」「ODD FUTURE」など非常階段の美川俊治が選曲したセットリストでライブは進行し、非常階段の強烈なノイズによって楽曲の持つパワーやエモーションが増幅していく。ちなみにこの日、BiS階段はでんぱ組.incのカバー「でんでんぱっしょん」を演奏したが、同時刻に日本武道館で行われたでんぱ組.incのライブではBiSの楽曲「IDOL」がカバーされていた。

ライブが終盤にさしかかり「STUPiG」「primal.」といった人気曲が始まると、ステージから観客に向けて臓物などが投げ込まれる。謎の液体を全身に浴びて観客が狂喜乱舞するという地獄絵図を前に、メンバーはノイズをまき散らしながらギターを破壊。みんなでコショージメグミの衣装をバラバラに切り刻み、最後に「ありがとう!」と言い残してステージを去っていった。

「BiS階段 LAST GIG」2014年5月6日 東京・WWW セットリスト

01. nerve×13
02. GET YOU
03. ODD FUTURE
04. ウサギプラネット
05. 好き好き大好き
06. DiE
07. でんでんぱっしょん
08. CHELSEA
09. IDOL
10. ERROR
11. STUPiG
12. primal.
13. ノイズセッション

音楽ナタリーをフォロー