音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

氣志團 vs 乃木坂46、双方カバー含む真の“対バン”実現

634

氣志團主催の対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」の第4回公演「乃木坂46 vs 氣志團 ~学生服反逆同盟~」が4月15日、東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催された。

この日は対バン相手に、昨年9月の「氣志團万博2013 ~房総爆音梁山泊~」にも出演した乃木坂46を迎え、熱い競演を繰り広げた。トップバッターの乃木坂46はまず、学ランにサングラスという出で立ちで川村真洋、齋藤飛鳥、中元日芽香、中田花奈、永島聖羅、能條愛未、深川麻衣の7名がステージに登場。自らを「乃木團」と名乗る彼女たちは文字通り“対バン”するために、齋藤がドラム、中田がベース、永島がキーボード、川村&深川がギター、中元&能條がボーカルというポジションでバンド演奏を開始した。それぞれのメンバー紹介が終わり、彼女たちが演奏し始めたのは氣志團の代表曲「One Night Carnival」。初々しいバンド演奏を前に、乃木坂46のファンのみならずKISSESからも温かい拍手が送られた。

乃木團の初ライブが無事終了すると、ここからは乃木坂46のライブ本編に突入。まずは選抜メンバーが「気づいたら片想い」「ロマンスのスタート」、アンダーメンバーが「生まれたままで」を立て続けに披露して、会場の熱気を一気に加速させる。そして「ガールズルール」では選抜、アンダーが勢ぞろいして圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。MCではキャプテンの桜井玲香が「皆さん、テンション上がってるか? 今日は盛り上がっていけるか? 今日は1日よろしく!」と、一度やってみたかったという煽りでフロアを盛り上げる。また楽屋裏で氣志團のメンバーがポップコーンや綿菓子、ソフトクリームを作る機械、ファミコンなどを用意して乃木坂46をもてなしたことについて、最大級の賛辞を送った。その後も乃木坂46は「制服のマネキン」「おいでシャンプー」といったヒット曲を連発して、約50分にわたるステージを終えた。

続いて登場した氣志團はアイドルグループの乃木坂46がバンドを組んで“対バン”に挑んだことを受け、ライブ1曲目に乃木坂46の楽曲「音が出ないギター」をカバーして乃木坂46の心意気に応える。その後は微熱DANJIもステージに加わり、「恋人」「俺達には土曜日しかない」などの人気曲を演奏してKISSES、乃木坂46ファンの双方を熱狂の渦に巻き込んでいった。

またMCでは綾小路翔(Dragon Voice)が乃木坂46について「実際テレビ観てても、『これ、本当にいるのかな?』って思うくらい(ルックスの)アベレージが高過ぎんだろ」とベタ褒め。乃木坂46のファンに向けては「絶対に俺はみんなと話が合う!」「もうあと5分で氣志團のライブを終わらせて、乃木坂ちゃんたちにアンコールお願いしよう」「今一番男気のあるアイドル、乃木坂46をよろしく!」と話し、会場を沸かせる。また「愛 羅 武 勇」を歌う前には「我々みたいな者はみんなに支えてもらって、好きな音楽やパフォーマンスを作っていくことができてるわけで、本当に感謝してます。乃木坂46の皆さんも絶対にそう思ってるはず」「好きなものがあるってすごく幸せです。みんなが乃木坂46を愛する気持ち、みんなが氣志團を愛する気持ち、お前らが俺らを、そしてロックンロールを愛する気持ち。そういうのって生きるのに一番大事だけど、周りから理解されないこともある。でも、関係なし。好きなもののためにがんばって生きてんじゃい!ってね」と客席に向けて語りかけると、盛大な拍手が会場を包み込んだ。

ここで会場が1つになったところで、氣志團は本編ラストとなる「One Night Carnival」を披露。曲中ではKISSES、乃木坂46ファンが一体となって大合唱をするも綾小路はまだ歌ってない人がいると言って、地元の後輩にあたる乃木坂46の高山一実の名前を挙げ、「彼女の実家のポストに弱った鳩2羽を入れます。心優しいかずみんは弱った鳩を助けようとするけど、鳩は彼女の手の中で息絶えます。きっとかずみんはショックで立ち直れないでしょう」と高山を人質に「One Night Carnival」の合唱を強要する。会場が異様な盛り上がりを見せるなか、無事この日最大と言える大合唱が実現し、ライブ本編は無事終了した。

アンコールでは綾小路が「今年始まって一番幸せな日です!」と笑みを浮かべて感想を述べると、続いて乃木坂46のメンバーをステージに呼び込む。この日の対バンライブのために制作されたTシャツを着た氣志團、乃木坂46のメンバーは「会いたかったかもしれない」「One Night Carnival」の2曲を歌唱。「One Night Carnival」の曲間のセリフやエンディングでは乃木坂46のメンバー1人ひとりがステージ中央で観客を煽り、生駒里奈は「アイドルだけど、対バンがやりたかったんです!」とうれしそうに叫ぶ。こうして約3時間におよぶ真の“対バン”ライブは大成功のうちに幕を閉じた。

なお氣志團は今後の「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」でGRANRODEO、黒夢、サンボマスターとそれぞれ対バンすることが決定している。

オフィス男闘呼塾エンターテインメント Presents 氣志團現象2014「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」

#35 GRANRODEO vs 氣志團 ~熱血硬派ろでおくん、ヤンキー集団に絡まれる、の巻。~

2014年4月24日(木)東京都 Zepp Tokyo
<出演者>
氣志團 / GRANRODEO

#36 黒夢 vs 氣志團 ~ロックンローラーは電氣羊の黒い夢を見るか?~

2014年5月10日(土)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
<出演者>
氣志團 / 黒夢

#37 サンボマスター vs 氣志團 極悪さんぼ~美しくない人間たちの日々~

2014年5月28日(水)東京都 赤坂BLITZ
<出演者>
氣志團 / サンボマスター

音楽ナタリーをフォロー