音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガvs大森靖子「アッパーカット!」など異色コラボ連発

101

12月13日に東京都・clubasiaでアップアップガールズ(仮)大森靖子のツーマンライブ「アップアップガールズ(仮) vs 大森靖子」が行われた。

アプガと大森は今年7月末に開催された国内最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」にてコラボステージを披露。その際、大森はアプガとともにアプガの代表曲「アッパーカット!」を激しいダンスを交えながら歌唱し、アイドルファンから一躍注目を浴びる存在となった。この日は2組による再びの競演とあって会場には多くのオーディエンスが集結し、開始前からフロアは異様な熱気に包まれていた。

ライブは大森の「Over The Party」からスタート。大森は第一声からフロアの空気を一変させ、アプガファンをその圧倒的な歌唱力と表現力で魅了していく。そして曲間のMCではそれまでの激しいパフォーマンスとは打って変わってアプガメンバーに対する深い愛情を切々と語り始める。鋭い視点でそれぞれのメンバーを分析し、お気に入りポイントを明かす大森のその姿はまさにアイドルファンそのもの。はにかみながらアプガへの愛を伝える大森に向けて、アプガファンも惜しみない拍手を送った。

そしてステージにアプガが登場すると、大森のギター演奏にあわせて「Rainbow」から2組のセッションが始まる。続けて大森がモーニング娘。の道重さゆみを思って作ったという「ミッドナイト清純異性交遊」を2組で熱唱。アプガの佐藤綾乃は物怖じすることなく大胆な歌詞を堂々と歌い上げフロアを大いに盛り上げた。そしてセッションの最後ではアプガの関根梓の小悪魔ぶりが炸裂する「ナチュラルボーン・アイドル」を大森がノリノリで歌い踊り、会場は双方のファンの大歓声に包まれた。

フロアの熱気が冷めぬ状態のまま、ステージはアプガのライブパートへと移行。アプガは「ストレラ!~Straight Up!~」と「イチバンガールズ!」からライブをスタートさせ、ほぼノンストップでアッパーな曲を次々と歌唱していく。そしてアンコールでは再び大森とともにTIFでもコラボした「アッパーカット!」を全力でパフォーマンスし、異色のツーマンライブを終えた。

「アップアップガールズ(仮) vs 大森靖子」
2013年12月13日(金)東京都 clubasia セットリスト

大森靖子

01. Over The Party
02. エンドレスダンス
03. 新宿
04. 音楽を捨てよ、そして音楽へ
05. ハンドメイドホーム
06. あたし天使の堪忍袋
07. 君と映画
08. 婦rick裸にて
09. あまい
10. 絶対彼女
11. 魔法が使えないなら
12. サマーフェア
13. コーヒータイム
14. さようなら

アップアップガールズ(仮)&大森靖子

15. Rainbow
16. ミッドナイト清純異性交遊
17. ナチュラルボーン・アイドル

アップアップガールズ(仮)

18. ストレラ!~Straight Up!~
19. イチバンガールズ!
20. ENJOY!!ENJO(Y)!!
21. SAMURAI GIRLS
22. リスペクトーキョー
23. アップアップタイフーン
24. チョッパー☆チョッパー
25. 虹色モザイク
<アンコール>
26. アッパーカット!

音楽ナタリーをフォロー