音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

たこやきレインボー、根岸可蓮13歳の生誕祭で大号泣

140

本日11月10日、たこやきレインボーが大阪・あべのキューズモールにてミニライブを行った。

この日は11月18日に13歳の誕生日を迎える根岸可蓮の誕生日を祝う”生誕祭”を行うことが事前に告知されており、会場にはファンから贈られたスタンド花が飾られるなど祝福ムードが漂っていた。東野マネージャーの前説を経てステージに登場したメンバーは、まず「ダイビング」から元気よくライブをスタートさせる。その後の自己紹介では根岸の順番が回ってくると客席から「れんれーん!」というひときわ大きな声援が起こり、根岸は早くも感激のあまり号泣。彼女は「今日もみなさんに会えてドキドキでーす!」となんとか自己紹介をやりきるも、なぜかそれにつられてほかのメンバーも泣き出す事態に。続く「オーバー・ザ・たこやきレインボー」に突入してもメンバーの涙は止まらず、泣きながら熱唱する姿に観客はより大きなコールで応えた。

「あきんどチャチャチャ」のあとに行われた根岸の生誕祭イベントでは、「れんれんのためにメンバー全員でがんばって作ったんやで」と根岸へメンバー特製のケーキがプレゼントされる。そんな根岸はトラをイメージした衣装で「キューティーハニー」「ラムのラブソング」をキュートにパフォーマンスした。13歳になる感想を聞かれた彼女が「手紙書いて来ました」と答えると、堀くるみも根岸へ手紙を書いてきたという。先に読むことになった堀は「れんれんお誕生日おめでとう。いつも元気で落ち込んでたらなぐさめてくれるれんれんにこっちも元気にさせてもらってるよ。ありがとう」「実は人としての目標はれんれんです。こんな文章だけどれんれんに少しでも伝わってたらいいな。れんれん生まれてきてくれてありがとう。これからもよろしくね」と泣きながらメッセージを送った。さらに根岸にはファンからのメッセージがまとめられたアルバムも贈呈された。

これを受けて、根岸は「4年前にスターダストに入れてもらって、まさか今こうやって舞台に立たせてもらえるなんて夢にも思いませんでした。たこ虹メンバーに選んでもらって、そしてさきてぃ、くーちゃん、とわちゃん、まいまい、さくちゃん、みんなに出会えたのもすごく運命だと思ってます」「これからもいろいろあると思うけど、みんな一緒にがんばっていこうね。みんなで夢を叶えようね。これからもよろしくお願いします」と手紙を読み上げる。メンバーは「いつもドキドキしか言っていないれんれんがこんなに……。手紙の内容は『ドキドキです』とか『うれしいです』とかしかないと思ってたのにこんなしっかりした文を書くなんて予想外やった」などと涙ながらに口々に感想を述べた。そして根岸が「しゃちほこちゃんのイベントがかぶっているのに、こんなに皆さん応援しにきてくれて本当にうれしいです。これからもみなさんに愛されるようにれんれんがんばります! 応援よろしくお願いします!」とファンへ感謝を伝えたのち、彼女たちは最後に新曲「めっちゃFUNK」を披露してライブを終えた。

たこやきレインボー ミニライブ
2013年11月10日 あべのキューズモール セットリスト

01. ダイビング
02. オーバー・ザ・たこやきレインボー
03. あきんどチャチャチャ
04. キューティーハニー / ラムのラブソング(根岸可蓮)
05. めっちゃFUNK

音楽ナタリーをフォロー