音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Maydayベスト盤にGLAY・TERU&TAKUROとのコラボ曲

1054

11月13日にリリースされるMaydayの日本版ベストアルバム「Mayday×五月天 the Best of 1999‐2013」のリード曲「Dancin' Dancin' feat. TERU (GLAY)」に、GLAYのTERU(Vo)とTAKURO(G)が参加していることが明らかになった。

同曲は「傷心的人別聽慢歌」の日本語バージョンで、TAKUROが日本語詞を手がけ、TERUがフィーチャリングボーカルとして参加。阿信(アシン)とTERUのツインボーカルが楽しめる、ダイナミックなロックチューンが誕生した。

また「Dancin' Dancin' feat. TERU (GLAY)」が完成し、YouTubeにて公開された。このビデオクリップの撮影のためにTERUは台湾を訪問。500本の赤いマイクが並ぶシチュエーションの中でMaydayとともにセッションを繰り広げた。

TERUコメント

2001年からのお互いにライブを見たりしている付き合いのなか、12年経って今、こうやって楽曲制作を一緒にできるのをすごく楽しみにしていました。
この曲はライブですごく盛り上がってくれる曲になってくれると思います。
初めてのコラボになりますが、Maydayと一緒にスケールの大きいMVを作ることが出来て嬉しいです。
この映像が多くのみなさんの目に触れる事を願ってます。演奏シーンも激しく楽しく撮影してますので、楽しく観てください!
今回のコラボを機にMaydayの楽曲、そしてライブに足を運んでもらいたいと思います。
いつか必ずGLAYとMAYDAYで大きなステージに一緒に立ちたいと思います。

TAKUROコメント

アルバムについては台湾のROCKバンドがアジアを制覇しそして世界へ駆け上がる成長のドキュメンタリーのようなこのベストアルバムは、個人的には僕らGLAYと10年以上に渡る友情の想い出が詰まった作品として聴いてしまって胸が熱くなった。

そしてもっと言わせてくれるなら台湾と日本の長く深い絆も感じさせてくれる歴史的名盤として聴かれ継がれていくであろう。

詞についてはこの曲の仮タイトルは「嵐の中の炎のように」。これからも世界を熱くしつづけるであろう彼らの未来を想い詞を書きました。

阿信(アシン)コメント

本格的なコラボということで、Takuroさんに歌詞を書いてもらえて夢のようでした。
初の日本でのベストアルバムの1曲目を飾ってもらってます。

怪獣(モンスター)コメント

Takuroさんにホテルに3日間籠って歌詞を書いてもらえたと聞いて本当にうれしいです。
今回はMVでTERUさんとコラボしましたが、次回はステージでコラボ出来ればと思います。

音楽ナタリーをフォロー