左からRIKU、荒牧陽子。

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 Vol.9(前編) [バックナンバー]

ものまねシンガー荒牧陽子が誕生するまで

YouTuberやTikTokerの先駆け?意外なきっかけで始まったキャリア

2967

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・RIKUさんの連載「音楽大陸」Vol.9には、ものまねシンガーの荒牧陽子さんが登場。荒牧さんは昨年夏に「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『SWAG & PRIDE』を、加藤ミリヤさん&倖田來未さんで歌ってみたらこんな感じ!」と題した動画をYouTubeに投稿し、その動画をいち早く見つけたRIKUさんは「いつか荒牧陽子さんにお会いしたい!」と対面する日を待ちわびていました。「音楽大陸」ではそんなRIKUさんの願いを叶えるべく荒牧さんにオファーし、今回の対談が実現。前編では彼女がものまねシンガーという特殊な職業に就いたきっかけや、あまり知られていないガイドボーカルという仕事の裏側にRIKUさんが迫ります。

取材 / RIKU / 清本千尋 撮影 / 曽我美芽

うれしみが深すぎるんですけど

RIKU 「音楽大陸」も気付けばVol.9。これまでいろんな方にゲストに来ていただいたんですが、荒牧さんにお声かけしたいと思った理由は、僕らの「SWAG & PRIDE」という曲を加藤ミリヤさんと倖田來未さんになりきってカバーされている動画を拝見して感激したからなんです。目を閉じたら本当にそのお二人が歌っているように聞こえてびっくりしたんですよ。それに以前からテレビ番組などで拝見していた荒牧さんがまさか僕らの曲をカバーしてくださるなんて思ってもみなかったので衝撃だったんです。

荒牧陽子 今回はTHE RAMPAGEさんのものまねをしているわけではないけれども、原曲を歌っている歌手の方にそうやって言っていただけて本当にうれしいです。

RIKU ものまねに感動したのもそうなんですけど、まず僕らの楽曲をカバーしてもらえることがうれしいんですよ。僕らを応援してくれている男の子がカラオケで歌っている動画とかをSNSで観て「この人上手だね」とかメンバー間で共有していて。

荒牧 観てるんだ! それはしっかり読者の方に伝えてあげてほしい!

RIKU 歌唱力に自身がある方はぜひカバー動画を上げてください(笑)。荒牧さんはなんで今回「SWAG & PRIDE」を選曲してくださったんですか?

荒牧 去年の夏、YouTubeを本格的に始めることにして、自分が好きな曲、歌っていて楽しめる曲はなんだろうと考えていたときに、ふと思い出したのが「SWAG & PRIDE」だったんです。テレビで流れているのを聴いてずっと覚えてたんですよね。

RIKU うれしみが深すぎるんですけど。

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

荒牧 (笑)。「THE RAMPAGEは男性ボーカルの曲だし、女性歌手のものまねで歌うなら誰がいいかな」「もし『スワプラ』でTHE RAMPAGEの3人と女性歌手がコラボするなら誰がぴったりなんだろう」と考えたときに、すぐ倖田來未さんの絵が想像できたんです。さらに、せっかくなら倖田さんと誰かが歌っているようにしたい、異色なコラボにしたいと考えて加藤ミリヤさんのものまねと組み合わせることにしたんです。

RIKU 動画を観ていて「倖田來未さんも加藤ミリヤさんも歌いながらこういう動きしそう!」と思いました。衣装もしっかりその人に寄せていたから、こだわり散らかしててカッコいいなと。

荒牧 散らかしてました?(笑) いやあ、うれしいです。

“17人目のメンバー”のおかげで届いた「SWAG & PRIDE」

RIKU 「SWAG & PRIDE」以外の曲はまだあまり聴いたことがないと伺ったので、僕からいくつかオススメさせていただいたんですけど、THE RAMPAGEのほかの曲、どうでした?

荒牧 ラテンの「HEATWAVE」がめちゃめちゃセクシーですごくよかったです。歌いたくなりました!

RIKU すぐに歌ってほしいです!(笑)

荒牧 いろんな楽曲を聴かせてもらって、THE RAMPAGEさんは音楽の方向性が1つに納まることのないグループなんだなと思いました。セクシーなときはとことんセクシーだし、カッコよさを打ち出したときはめちゃくちゃカッコいい。ボーカルもパフォーマーの皆さんも楽曲によって違う色をしっかりと出せる、本当に魅力が満載なグループですよね。

RIKU いろんなジャンルに挑戦してきたので、その振り幅を観てもらいたくていろいろとレコメンドさせてもらいました。なのでそうおっしゃっていただけてとても光栄です。自分も歌手の端くれとして、歌い方や声の質感、重量感などを意識して歌っているのでうれしすぎます。

左からRIKU、荒牧陽子。

左からRIKU、荒牧陽子。

荒牧 YouTubeで「SWAG & PRIDE」を歌わせていただいたら、すぐにTHE RAMPAGEファンの方から「すごい」「うれしいです」「ありがとうございます」ってコメントが来て。ものまねシンガーをやっていて感謝されることってほとんどないので、びっくりしました。ものまねって曲や声をお借りして歌わせてもらっているようなものなので、やっぱり披露するときはどんな反応があるんだろうとドキドキするんです。こちらとしても「歌わせてもらっている」という感覚なのに、心からの感謝をTHE RAMPAGEファンの皆さんが書き込んでくださって。SNSでは「ランペに届け」と発信もしてくれていたので、今回ここに呼んでもらって「その声がしっかり届いたよ」と、この場を借りて皆さんに伝えたいです。ファンの方の熱量がすごいですよね。

RIKU 僕らはTHE RAMPAGEファンのことをRMPG CREW(ランペイジクルー)と呼んでいて、17人目のメンバーみたいに思っているんです。一緒にストーリーを作っていこう、一緒に成り上がっていこうぜみたいな感じなんですよね。だからそうやって布教活動……と言うのかな。ファンの皆さんがそういうことをしてくださって、そのおかげで「#THERAMPAGE」とかで検索して荒牧さんの動画もすぐ見つけられたのかなと思います。

次のページ
カラオケのガイドボーカルをきっかけに

関連記事

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。