「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 4回目 中編 [バックナンバー]

劔樹人&ぱいぱいでか美とアイドルファンの未来を考える

疑似恋愛じゃない!本当に恋しているだけ

139

佐々木敦南波一海によるアイドルをテーマにしたインタビュー連載「聴くなら聞かねば!」。前回に引き続き、劔樹人あらかじめ決められた恋人たちへ)とぱいぱいでか美をゲストに迎えたトークの中編では、2人に自身が“ハロヲタ”として自覚していること、アイドルたちを本気で応援しているからこそ抱える苦悩や葛藤、アイドルの恋愛問題に対するファンの心情などについて語ってもらった。

構成 / 瀬下裕理 撮影 / 朝岡英輔 イラスト / ナカG

Berryz工房の伝道師

佐々木敦  前回、アイドルのファンにはさまざまな年齢の方がいるという話をしましたが、かく言う自分もこの歳になってアイドルにハマりまして(笑)。僕みたいに急にアイドルに目覚める人って多いんですか?

ぱいぱいでか美 めっちゃいますよね。

劔樹人 あのね、そういうのって突然起こるんですよ。僕の周りのバンドマンたちにも最近起きてます。ハードコア界隈だと〇〇さんや、 南波さんに近いところだと〇〇の〇〇も最近ちょっと来てます(笑)。

南波一海 えっ、そうなんだ(笑)。

佐々木 何かそうなる理由があるんですかね?

佐々木敦

佐々木敦

 なんでだろう……わかんないな。

南波 僕は、アイドルソングにある種の抵抗があって壁を作ってきたというか、今まで聴いていなかった人ほどハマりやすいんじゃないかと思っていて。なんでもそうだけど、その人が持っていた殻を突き破った瞬間って、周りにもその変化が伝わりやすいと思いますし。「あいつがハマったぞ!」って。

佐々木 今まで「アイドルが好き」なんてひと言も言ってなかった人が、急に言い出してびっくりするみたいな。

 なるほど(笑)。それでいうと、アイドルにハマることに年齢はあまり関係ないかもしれないですよね。

でか美 どちらかというと、その人の精神状態とかのほうが大きいかもしれない。やっぱり心が弱ったときにアイドルは寄り添ってくれますから(笑)。

佐々木 それについては若干思い当たるところがありますね(笑)。「今このタイミングで出会えてよかった」という感じ。若いファンにもそういう人はいるでしょうし。

 そうですね。とはいえ、その一方で、2010年以降はアイドルを流行ものとして見ているというか、カルチャー的な感覚の中で楽しんでいる人もいましたけどね。昔の僕も「この文化を知っている自分はやっぱりオルタナだ!」という感覚だった時期もありましたし。いやでも、ハロプロファンには少ないか。

でか美 私の場合、映画「あの頃。」が公開されたときに杉作J太郎さんが当時を語っているインタビューを読んだんですよ。で、杉作さんが加護(亜依 / ex. モーニング娘。)ちゃんのためにと孤軍奮闘していた姿や、「もっとハロプロをでっかい組織にしないと」という思いがあったことにすごく共感して。というのも、私がハロプロにハマった当時、三重の田舎の高校には「ハロプロが大好き」と口にしていたのは自分しかいなかったんですよ。私にBerryz工房を教えてくれた先輩はみんなにそのことを内緒にしていたし、自分で言うのはダサいですけど、わりと影響力のあるタイプの生徒だったので(笑)、教室とかでもバンバン歌って踊っていたし。

佐々木 伝道師的な立ち位置ですね。

でか美 そうです、まさにそんな気持ちがあって。そうしたら後輩もベリ(Berryz工房)を好きになってくれて、ICカードに一緒にももち(嗣永桃子 / Berryz工房、ex. カントリー・ガールズ)のシールとか貼ったりして、「若い女でもアイドル好きですからね」と世界中に知らしめたい気持ちでした(笑)。「こんなに彼女たちは素晴らしいのに、自分と世間の評価が一致しないなんておかしい」みたいな。正直今でもその気持ちはあります。……でも、「もっと売れてほしい」なんて言うと偉そうに聞こえるし、すごく難しいんですけど。

ぱいぱいでか美

ぱいぱいでか美

佐々木 それはある意味、疎外感や孤立感の裏返しかもしれないですよね。周りにそういう人がいないから「自分だけが彼女たちのすごさを知っている」というちょっとした優越感が作用しているのかもしれない。でもそれ以上に「なんで世間の人は知らないの?」という憤りの感情のほうが強くなることもあるわけで。

でか美 10年以上ハロプロのヲタクをしてきて、大体のことはわかってきたし、衣装やグッズや曲がたまに変だなと思うこともある(笑)。でもそんな渋みも含めて大好きだし、そのうえでも絶対にメジャーな存在になるべきだといまだに思っています。正直引き合いに出すのは気が引けるんですが、本音を言えば、なぜハロプロはNiziUのように注目されないんだろうと純粋に思います。

佐々木 この間、ある女優さんに「NiziUは本当にすごいから絶対に見なきゃダメだ」と言われたんですけど、「Nizi Project」はまだ観ていない。ハマりそうで怖くて(笑)。

でか美 NiziUは最高ですよ! 素晴らしいのは当たり前。だからこそ、ハロメンもああいうふうになれる人たちなのにという思いがずっとあります。

次のページ
今ならユースケさんの気持ちがわかる

関連記事

佐々木敦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 佐々木敦 / 南波一海 / 劔樹人 / あらかじめ決められた恋人たちへ / ぱいぱいでか美 / 杉作J太郎 / 加護亜依 / モーニング娘。 / Berryz工房 / 嗣永桃子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。