音楽ナタリー

NMB48福本愛菜、武道館で粉&落とし穴のバラエティ洗礼

246

AKB48グループが4日間にわたり東京・日本武道館で連日コンサートを行う「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~」のNMB48単独公演が、昨日4月26日に開催された。

このコンサートはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48がそれぞれ武道館で単独公演を行い、最終日の4月28日にグループ総出演のステージを展開するというもの。初日のSKE48に続いて、NMB48も同会場で単独コンサートをするのはこれが初めてで、約1万1000人のファンを前にNMB48らしいエンタテインメント性の強いパフォーマンスを提示した。

渡辺美優紀による影アナに続いて会場が暗転し、オープニングSE「Overture」NMB48バージョンが大音量で流れ始める。SEの終了と同時にステージ中央をドーム状に覆った白幕がよけられメンバーが登場。門脇佳奈子と木下春奈の“なぞかけ”をきっかけに、「なんでやねん、アイドル」から勢いよくライブをスタートさせた。そのまま「NMB48」「青春のラップタイム」と続くと、会場の熱気は一気に加速した。

3曲歌い終えると、メンバーはアリーナ中央のメインステージで挨拶。山本彩は「すごい声援ですね!」と会場の四方八方を埋め尽くした観客を観ながら語り、渡辺は「めっちゃ楽しみるきー!」と愛嬌たっぷりに話す。そして横山由依は「皆さんと一緒に叫びたいことがあります」と言って、メンバーと観客が一緒になって「てっぺん獲ったんでー!」と大きな声で叫んだ。

MCが終わると、渡辺のソロ曲「わるきー」からライブは再開した。山本、横山、山田菜々が歌う「太宰治を読んだか?」や紅組、白組などのユニット曲を経て、山本がアコースティックギターを抱えてステージに登場。ソロナンバーを演奏しようとするもギターの音が出ないトラブルにみまわれ、ライブは一時中断することに。そんな非常事態でも山本は「私の相方が言うこと聞いてくれないみたいで(笑)」と言って観客を笑わす。さらにカラフルなペンライトで埋め尽くされた客席を観て、「夜景みたいできれい」と目を輝かせた。無事ギターの音が出るようになると、山本は気を改めてソロ曲「ジャングルジム」の弾き語りを開始。気持ちをたっぷり込めて歌い上げた彼女に対し、客席からは盛大な拍手が送られた。

続くMCでは山田が「(4月18日に行われた)『NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト30 2013』にランクインした曲を中心に聴いてもらいました」と、ここまでのセットリストについて説明。武道館という大舞台でギターの弾き語りをした山本は、「360度観られてると思うといつも以上に緊張した」と本音を漏らした。

ライブ後半はチームBIIの「アーモンドクロワッサン計画」を皮切りに、チームN、チームMの3組がそれぞれ楽曲を披露。「妄想ガールフレンド」ではチームNのメンバーが同曲のPV同様に猫耳&しっぽの衣装を着て歌い踊り、会場を沸かせた。さらに選抜メンバーを中心とした構成で、「絶滅黒髪少女」「ナギイチ」「ヴァージニティー」「北川謙二」などのヒットナンバーを連発。そして「私たちは年末の『NHK紅白歌合戦』出場を目指しています。今日武道館のステージに立てたことを自信に、夢に向かって進んでいきたいと思います」という山本の宣言を受けて、紅白出場への思いをつづった「12月31日」でライブ本編を締めくくった。

アンコールではTシャツにショートパンツ姿に着替えたメンバーがステージに現れると、まず山田が「私たちNMB48の7thシングルの発売が決定しました!」とファンに報告。会場が喜びの声で沸くと、「今日はその中からカップリング曲を初披露したいと思います」と言って、現在日本テレビで放送中のレギュラー番組「げいにん!!2」のオープニングテーマにも起用された新曲「届かなそうで届くもの」をパフォーマンスした。続く「掌が語ること」では会場の空気が一変し、感情を込めて歌うスローナンバーに観客はじっくりと耳を傾けた。そして「僕は待ってる」では卒業を発表している福本愛菜のオーディションからこれまでの映像かモニターに映し出される。曲のエンディングでは福本をはじめ、涙を流すメンバーの姿も見受けられた。福本は観客の“あいにゃん”コールを受け、「私はNMB48に入る前からずっとバラエティタレントに憧れていました。NMB48に入っていろんな舞台に立つようになって、いろいろ経験を積んでいくうちに、バラエティタレントになりたいという気持ちがより強まり卒業を決意しました。今波に乗っているNMB48を卒業することは、本当に悩みました。でもNMB48がてっぺんを獲ることを目指しているので、私も負けずにバラエティタレントのてっぺんを目指します!」と決意を力強く語った。

すると突然、会場内に吉本新喜劇のテーマ曲が流れ始め、池乃めだか、陣内智則、ケンドーコバヤシ、たむらけんしがステージに登場。福本とテレビ番組などで共演した経験を持つ4人は彼女の卒業を祝うために武道館に駆けつけ、福本にお祝いの言葉を贈った。彼女は「こんなに素敵な(卒業)セレモニー、本当にありがとうございました」と言ってマイクをステージ床に置くと、ゆっくり歩き始めステージから去ろうとする。しかし花道に用意された落とし穴に落ちて、全身粉まみれになるアクシデントが発生。バラエティタレントとしての洗礼を受けた福本は「今の気分は?」と聞かれると、「オーマイガー(Oh my god)や!」と絶叫し、そのままラストナンバー「オーマイガー!」に突入した。福本は全身真っ白のままステージ上を駆け回り、ときに客席に向けて挨拶をしていった。こうして涙と笑いが入り交じった、NMB48らしい武道館コンサートは幕を閉じた。

「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~」
2013年4月26日(金) NMB48 セットリスト

00. Overture
01. なんでやねん、アイドル
02. NMB48
03. 青春のラップタイム
04. わるきー
05. 太宰治を読んだか?
06. 場当たりGO!
07. 待ってました、新学期
08. 結晶
09. 冬将軍のリグレット
10. ちょっと猫背
11. 星空のキャラバン
12. なめくじハート
13. ジャングルジム
14. アーモンドクロワッサン計画 [チームBII]
15. Lily [チームN]
16. With my soul [チームM]
17. 三日月の背中 [チームM]
18. 妄想ガールフレンド [チームN]
19. インゴール [チームBII]
20. HA!
21. てっぺんとったんで!
22. 絶滅黒髪少女
23. ナギイチ
24. 純情U-19
25. ヴァージニティー
26. 北川謙二
27. 12月31日
<アンコール>
28. 届かなそうで届くもの(新曲)
29. 掌が語ること
30. 僕は待ってる
31. オーマイガー!

音楽ナタリーをフォロー