音楽ナタリー

VAMPSゾンビ化!幕張「HALLOWEEN PARTY」初日

1524

10月26日、VAMPSが企画するハロウィンライブイベント「HALLOWEEN PARTY 2012」の幕張公演初日が、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて実施された。

10月20、21日の神戸公演では合計1万5000人を動員し、2日間にわたって驚愕の仮装と熱烈なパフォーマンスで関西地区のファンを魅了したVAMPSの面々。幕張公演の初日には彼らに加え、Acid Black CherryBREAKERZTommy heavenly6が登場し約1万4000人を熱狂させた。

神戸公演に続きイベントの先陣を切ったのは、「HALLOWEEN PARTY」の常連BREAKERZ。ステージに設営された巨大なセットが動くと、「るろうに剣心」のキャラクターに扮したメンバーたちによる本格的な殺陣が始まった。緋村剣心をDAIGO(Vo)、斉藤一をAKIHIDE(G)、相楽左之助をSHINPEI(G)が演じ次々と刺客たちを斬っていく。そしてDAIGOが刀を鞘に収めたことをきっかけにライブの幕が上がった。バンドは広いステージを駆け回りながら「灼熱」「SUMMER PARTY」などをプレイ。合間にDAIGOは「今回のリハは、ほとんど殺陣しかやってません!」と観客を笑わせ、「トップバッターは、この命が果てようとも盛り上げなきゃいけないのです!」と叫んだ。

2番手は「HALLOWEEN PARTY 2012」のライブアクトの中では紅一点のTommy heavenly6。赤と黒で統一したゴシック風の衣装に身を包んだ彼女は、ドワーフや囚人服姿のバンドメンバー、ゴシックメイクを施したチアリーダー“眼帯ガールズ”たちを従え、イベントのコンセプトにぴったりな「Never Ending Party Night」「Lollipop▼Candy▼BAD girl」(▼は黒塗りハート)などハードチューンを連発。激しいサウンドにガーリーな歌声を乗せてハロウィンのムードを高め、最後に「みんな心をひとつにできればという思いを込めて歌います」と「I'M YOUR DEVIL -Halloween Remix-」を甘い声で熱唱した。

「HALLOWEEN PARTY」に欠かせないアーティストになりつつあるAcid Black Cherryは、毎年恒例とも言える大物“モンスターバンド”の仮装で熱演。髪を立て、素肌に革ジャンを羽織ったyasuは頭を振り乱しながら「Murder License」などアップテンポなロックチューンを披露する。しかし「みんなもこの曲を聴きたかったんじゃないかな?」という紹介で始まった「イエス」で雲行きは一変。イントロが終わるや否やバンドはX JAPAN「紅」を演奏し始め、そのまま「X」へとなだれ込む。淳士(Dr)は「今年も帰ってきたなって気がしてる。1度あるってことは2度あるっていうか。2度あることは3度あるっていうか……。でも毎回同じことをしたいわけじゃないよ」と観客を笑わせた。そして最後は「少女の祈りIII」のアグレッシブな演奏で客席を揺らし、Acid Black Cherryのステージは終了した。

なお各アーティストのライブアクトの間には、来場者たちによる仮装ファッションショーやカラオケ大会など飽きさせない企画が続々。VAMPSのステージの前にはカラオケ大会が実施され、観客たちの熱唱に混じって、yasuとDAIGOがクリスタルキングの「大都会」を歌う場面も。「HALLOWEEN PARTY」ではおなじみの光景に爆笑が起こった。

後輩たちの熱演を受けてVAMPSも気迫のこもったライブを展開。サーチライトのような照明が場内を照らす中、ステージから真っすぐ伸びるランウェイの下から次々とゾンビになったメンバーが姿を見せる。最後に現れたのはホラー映画「バタリアン リターンズ」のヒロイン・ジュリーに扮したHYDE(Vo)。体中に傷の特殊メイクを施し、赤いコンタクトを装着するなど美しいゾンビと化した彼は「MIDNIGHT CELEBRATION」を激しく歌い上げた。さらにK.A.Zの爆音ギターが炸裂するパンクアレンジの「HALLOWEEN PARTY」でパーティムードに拍車をかける。「こんな姿になっちゃったけど、愛してくれるかしら? 今日はみんな元気に死んでます」とチャーミングに語ったHYDEは、続けてサイケデリックにアレンジしたTHE BEATLES「Lucy In The Sky With Diamonds」、ホラーテイストのSHAMPOO「TROUBLE」などを熱唱。曲の途中でHYDEの赤い瞳だけが闇の中で光り、観客を驚かせる場面もあった。

イベントを締めくくるのは、公演ごとに異なるメンバーで構成されるHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAのステージ。ここまで出演した4組に加え、kyo(D'ERLANGER)、柩(ナイトメア)、分島花音、Ali(MONORAL)、Barakiが参加。まずはHYDEが気ままな指揮で演奏者たちを翻弄する「Penalty Waltz」が披露され、続けて出演者たちのリズム感覚を競うゲームコーナーが行われ、オーディエンスを盛り上げる。ゲームコーナーの敗者にはもれなく罰ゲームが課せられ、リズムを打ち間違えたHYDEが棒立ちで「X」を歌うという姿にどよめきが沸いた。またこの日はラストナンバー「HALLOWEEN PARTY」の前にkyoとHYDEによるツインボーカルでD'ERLANGERの「LA VIE EN ROSE」が披露され、2人の圧倒的なボーカルの掛け合いに会場は大いに魅了されていた。

2012年10月26日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール
「HALLOWEEN PARTY 2012」セットリスト

BREAKERZ

01. Everlasting Luv
02. Miss Mystery
03. SUMMER PARTY
04. 灼熱

Tommy heavenly6

01. Never Ending Party Night
02. CALL ME PRINCESS
03. Lollipop▼Candy▼BAD girl
04. Heavy Starry Chain
05. I'M YOUR DEVIL

Acid Black Cherry

01. Murder License
02. 罪と罰~神様のアリバイ~
03. イエス
04. 紅
05. X
06. DRAGON CARNIVAL
07. 少女の祈りIII

VAMPS

01. MIDNIGHT CELEBRATION
02. HALLOWEEN PARTY~PUNK~
03. Lucy In The Sky With Diamonds
04. TROUBLE
05. ANGEL TRIP
06. SEX BLOOD ROCK N' ROLL

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

01. Penalty Waltz
02. Rhythm Game
03. LA VIE EN ROSE
04. HALLOWEEN PARTY

音楽ナタリーをフォロー