音楽ナタリー

宇多田ヒカル一時休止前ラスト公演で感涙&Ust新記録樹立

126

12月8日と9日の両日、宇多田ヒカルがアーティスト活動休止前最後のコンサート「WILD LIFE」を神奈川・横浜アリーナで開催した。

コンサートの1日目・8日公演は、全国映画館でのライブビューイングとUstreamでの生配信を実施。前代未聞ともいえるアリーナコンサート中継は、Ustreamで総のべアクセス数92万5000を記録。同時間帯のUstream視聴者数で全世界No.1を獲得しただけなく、Ustream Asia設立以来、日本国内の事例として歴代1位のユニークユーザー数34.5万を叩きだした。

そんな全音楽ファンが注目した今回のライブは、客席がステージを囲むセンターステージセット。シンプルな黒い円形ステージには宇多田ヒカルを含めたバンドメンバー総勢16名が立ち、会場には2日ともそれぞれ1万4000人のファンが集結した。

コンサートは新作ベストアルバムに収録された新曲「Goodbye Happiness」から始まり、2曲目の「traveling」で宇多田ヒカルは「みんな! 行くぞっ!」と勢いをつけてステージの外周へ繰り出す。最初のMCでは「今日、実は私のデビュー12周年の記念日です。まさか今日こうしてステージに立ってみんなの前にいれるなんて思ってなかったし、本当に幸せ者です」と挨拶。そして「今日で最後っていうことで、もうやりたいようにやるから、みんなも好き勝手やっちゃって楽しんでね」とファンに笑いかけた。

その後は「テイク5」「Prisoner Of Love」「Letters」といった、シリアスかつ抒情的なナンバーを続けて披露。「COLORS」はバイオリン4台、ヴィオラ2台、チェロ2台のストリングスのみを伴奏につけ、クラシカルな雰囲気を演出した。また、ステージにグランドピアノが登場すると、宇多田ヒカルは「ペプシネックス」のCMでおなじみ「Hymne a l'amour ~愛のアンセム~」を熱唱。さらに自身のピアノ弾き語りで「SAKURAドロップス」をしっとりと歌い上げた。

主役が一旦去ったステージでは、2人のキーボーディスト、Pro Toolsオペレーター、マニピュレーターによるインストゥルメンタルが展開。「Eclipse(Interlude)」をダイナミックにアレンジしたフリープレイで、アルバム「ULTRA BLUE」の曲順同様、次の「Passion」へその世界観をつなげてみせた。

ライブはその後、しばらく続いていた緊張感を解き放った「BLUE」、鬼気迫るバンドサウンドが印象的なロックチューン「Show Me Love(Not A Dream)」と続き、MCへ突入。宇多田ヒカルはTwitterなどで頻繁に使っている「ぼんじゅーる!!」という挨拶を横浜アリーナで実践し、ファンも大きな声で「ぼんじゅーる!!」と返す、といった和やかなやりとりが行われた。

次なるセクションでは、再びグランドピアノを弾きながらの「Stay Gold」、歌詞をステージ上部のモニタに映してファンと合唱した「ぼくはくま」、そして誰もが知っている代表曲「Automatic」「First Love」「Flavor Of Life -Ballad version-」を披露。1998年12月9日にリリースされたデビュー曲「Automatic」について、本人は「この曲が出たのが12年前だなんて変な感じだね。1周だもんね、干支で。なんかひと区切りって感じだよね」としみじみ語った。そしてショッキングピンクのスポットライトが走り、珠玉のバラードからガラリと雰囲気を変えたのは「Beautiful World」。心地良いアップビートで観客を踊らせつつ、アウトロでは「Yeah~!」「Oh~!」のコール&レスポンスを何度も繰り返し、コンサートならではの興奮を煽った。

そしていよいよ本編も終盤。「光」では客電が点いてハート型の紙吹雪が撒かれる。会場いっぱいにピースフルなムードが満ちたところで、宇多田ヒカルはこの2日間で感じた思いを率直に述べた。「昨日が初日で、上手くいくのかわかんなかった割には結構できたんだけど、今日は何をどう言ったらよくわかんないときがあって……」と言葉を詰まらせる宇多田ヒカルに、「ヒッキー!!」「大好きだよー!!」と呼びかけるファン。「別に引退するわけじゃないんだよ。でもちょっとの間お休みするから、しばらくライブできないかなと思うと……」と彼女は目を潤ませる。そんな姿に会場は励ましの拍手や「待ってるよー!!」という歓声がこだまし、宇多田ヒカルも「うん、信じる。信じてる」と大きくうなずいた。

本編最後の曲として彼女が選んだのは「有名なヒットシングルでもないんだけど、すごく好きな曲」だという「虹色バス」。普遍的な幸せを歌った軽快なミドルチューンで場内はより一体感を増した。

アンコールは、コンサートグッズの黒いTシャツにジーンズというラフな格好で、アコースティックギターを抱えて登場した宇多田ヒカル。ここでは、12月8日がジョン・レノンの命日であることにちなんでTHE BEATLES「Across the Universe」をカバーしたほか、新曲「Can't Wait 'Til Christmas」を披露。その後バンドメンバーの紹介を挟んで、宇多田ヒカルは来年からアーティスト活動を一時休止し“人間活動”に励むことについて話を切り出した。「何をしたいっていうわけでもなくて、ちょっと自分を見失いかけてた時期が長かったなぁ、自分を大切にできてなかったなぁと思うのね。自分を大切にできないのに他の人を大切にしようとしても、ただの依存だなぁと思って」という言葉で、彼女は直接ファンに気持ちを打ち明ける。

そしてコンサートは、宇多田ヒカルが15歳のときに発表した初期のナンバー「time will tell」で大団円。心を込めて2時間半歌いきった彼女は、全方位に何度も「ありがとう」とお辞儀を繰り返し、ステージを去るギリギリまで客席に手を振っていた。また、彼女を最後まで見届けた終演後の場内にも、活動休止の寂しさではなくベストなステージを堪能できた多幸感が漂っていた。

なお、このコンサートの模様は2011年1月22日(土)19:00からスカパー!で、2011年2月にスペースシャワーTVで放送されることが決定している。

宇多田ヒカル “WILD LIFE”
2010年12月8月・9日 横浜アリーナ セットリスト

01. Goodbye Happiness
02. traveling
03. テイク5
04. Prisoner Of Love
05. COLORS
06. Letters
07. Hymne a l'amour ~愛のアンセム~
08. SAKURAドロップス
09. Eclipse(Interlude)
10. Passion
11. BLUE
12. Show Me Love(Not A Dream)
13. Stay Gold
14. ぼくはくま
15. Automatic
16. First Love
17. Flavor Of Life -Ballad version-
18. Beautiful World
19. 光
20. 虹色バス
<アンコール>
21. Across the Universe(オリジナル:THE BEATLES)
22. Can't Wait 'Til Christmas
23. time will tell

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • スタッフ募>集のお知らせ