音楽ナタリー

神聖かまってちゃん“レンタル移籍”で「進撃の巨人」2期エンディング歌う

2129

ポニーキャニオンへの“レンタル”移籍を報告する神聖かまってちゃん。

ポニーキャニオンへの“レンタル”移籍を報告する神聖かまってちゃん。

神聖かまってちゃんの新曲「夕暮れの鳥」が、本日4月1日(土)より放送開始となったテレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」のエンディングテーマに採用された。

「『進撃の巨人』Season 2」エンディングテーマに関する情報はこれまで一切告知されていなかったが、本日放送された第1話のエンドロールで初めて明かされた。「進撃の巨人」の原作者であるマンガ家・諫山創はかねてから神聖かまってちゃんのファンだと公言しており、今回のタイアップは諫山の強い希望により実現したものだ。

神聖かまってちゃんは本日0:00、所属レーベルであるunBORDEからポニーキャニオンへの移籍を発表したが、これはエイプリルフールにちなんだ嘘で、真相は“レンタル移籍”。引き続きunBORDEに在籍したまま、ニューシングル「夕暮れの鳥 / 光の言葉」のみポニーキャニオンより発表する。

なお音楽ナタリーでは、の子(Vo)と諌山が今回のコラボレーションについて語るインタビューを公開中。年齢も近く、作品を通じてお互いにシンパシーを感じ合う2人の対談は、シングルの話題を中心にしながらディープに展開している。

※音楽ナタリー PowerPush 公開中!
テレビアニメ「『進撃の巨人』Season 2」特集|神聖かまってちゃん・の子と諫山創の「弱い人対談」 - 音楽ナタリー Power Push

音楽ナタリーをフォロー