音楽ナタリー

映画「PとJK」で吹奏楽部がユニゾン「シュガーソング」演奏

5703

映画「PとJK」の吹奏楽部の演奏シーン。

映画「PとJK」の吹奏楽部の演奏シーン。

3月25日公開の映画「PとJK」にて、UNISON SQUARE GARDENの楽曲「シュガーソングとビターステップ」が使用される。

「PとJK」は三次マキの同名マンガを廣木隆一監督が実写化した作品。亀梨和也(KAT-TUN)演じる警察官と、土屋太鳳演じる女子高生の秘密の結婚生活が描かれる。

「シュガーソングとビターステップ」が使用されるのは、劇中に登場する文化祭のシーン。全国大会常連の強豪校、北海道・遺愛女子高校吹奏楽部の110名によるブラスバンドがこの曲を演奏する。生徒たちは楽曲決定後、1週間で演奏と振り付けを仕上げたとのこと。圧巻のパフォーマンスシーンが映画の世界をさらに盛り上げる。

劇中音楽は大橋好規(大橋トリオ)が制作。ほか、劇中歌としてブルーノ・マーズの「Marry you」、フリッパーズ・ギターの「Friends Again -フレンズ・アゲイン-」「Happy Like a Honeybee -ピクニックには早すぎる-」も使用されている。

音楽ナタリーをフォロー