音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

映画「PとJK」舞台挨拶で亀梨和也が熱血漢に、土屋太鳳らと和やかに作品アピール

434

左から廣木隆一監督、高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ。

左から廣木隆一監督、高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ。

本日3月25日に東京・新宿ピカデリーで行われた「PとJK」の初日舞台挨拶に、キャストの亀梨和也KAT-TUN)、土屋太鳳高杉真宙玉城ティナ廣木隆一監督が登壇した。

「PとJK」は亀梨演じる警察官・佐賀野功太と土屋演じるピュアな女子高生・カコの秘密の結婚生活を描いたラブストーリー。亀梨は本作で初共演となった土屋について「まっすぐで純粋な方だなと。彼女の天然というか、独特な空気感が魅力的で、取材やイベントでも会うたびにきれいな気持ちにさせてもらいました」と語る。対する土屋は亀梨との共演を振り返り「お会いする前まではクールなイメージが強かったのですが……元気で、優しくて、面白くて。松岡修造さんに会ったときと同じような衝撃を受けました」と回答。場内がにわかにざわめく中、亀梨は彼女の言葉に応じるように「太鳳、元気か!? 監督、いい撮影しましょうね!」と撮影現場での様子を再現してみるも、「僕そんな感じでしたっけ?」と腑に落ちない表情を浮かべた。

不良のレッテルを貼られているが実は心優しい大神平助役を演じ、撮影中に20歳の誕生日を迎えた高杉は「ボコボコにされた顔で祝っていただき、印象的な誕生日になりました」と撮影を振り返る。また彼は亀梨とのエピソードとして「最初のシーンで僕がめちゃくちゃ緊張して、何度も失敗してしまったんですけど、『気にしなくていいよ』と声をかけてくださったのがうれしかった」と話し、続けて「僕もクールな方だと思っていたので、松岡さんみたいな印象で……」と打ち明ける。すると亀梨は「気にすんな気にすんな!」と大声で高杉に呼びかけ、再び熱血キャラに。さらにはこれから鑑賞する観客に「本編でハチマキとか付けてるかもしれません、ご了承ください」と注意を促すなど、終始ノリのよさを発揮していた。

舞台挨拶も終盤に差し掛かると、土屋は「お嫁に行く娘を演じましたが、今日は大切な娘をお嫁に出す母の気持ちです」、亀梨は「僕たちのかわいい『PとJK』を優しく包んであげてください」と、それぞれの言葉で作品に対する強い思いをアピールした。

音楽ナタリーをフォロー