音楽ナタリー

℃-ute、解散発表後初のシングルをリリース「実感がない」

619

℃-ute

℃-ute

2017年6月に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行う公演をもって解散することを発表している℃-uteが11月2日にメジャー通算30枚目のシングル「夢幻クライマックス / 愛はまるで静電気 / Singing~あの頃のように~」をリリース。これを記念したイベントを本日11月4日に東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて行い、本番前にマスコミ向けの囲み取材に応じた。

囲み取材は「夢幻クライマックス」「愛はまるで静電気」「Singing~あの頃のように~」を披露したリハーサル後に行われ、メンバー全員が出席。収録曲のうち大森靖子が作詞作曲を手がけた「夢幻クライマックス」について、リーダーの矢島舞美は「ハロプロ好きの大森靖子さんが書いてくださった曲で、歌詞の中に歴代メンバー8人の名前が散りばめられていて、愛を感じます。ダンスが難しくて自分たちにとっては挑戦の1曲になりました」と語った。

キュートなエレクトロチューン「愛はまるで静電気」については「シングル曲でこんなにキャピキャピしてることはあまりない。ファンの方への感謝の気持ちを歌っています」と中島早貴がコメント。もう1つの収録曲で、つんくが作詞作曲した「Singing~あの頃のように~」については「私たちを昔から知っているつんくさんだからこそ書ける曲。私たちの15年間の活動のことを描いた歌詞だから思い出深い」と岡井千聖がしみじみと話した。

記者が6月に解散することについて尋ねると、萩原舞は「今回のシングルに入っているような曲を歌うと卒業を感じるけど、普段の生活はいつも通りの℃-ute。実感がないです」と語る。また矢島は「私たちの次にハロプロ歴が長いのがアンジュルムのリーダーの和田彩花ちゃんなんです。アンジュルムは最近勢いがついてきているのでこのままがんばってほしい。一番歴史が長いモーニング娘。'16もカッコいい姿を見せていってほしい」と後輩グループにエールを送った。

音楽ナタリーをフォロー