音楽ナタリー

AKB48じゃんけん大会、優勝は田名部生来「今日のお酒は絶対おいしい」

259

ユニット入りを果たした7人。左から竹内彩姫、渋谷凪咲、湯本亜美、田名部生来、込山榛香、福岡聖菜、野澤玲奈。 (c)AKS

ユニット入りを果たした7人。左から竹内彩姫、渋谷凪咲、湯本亜美、田名部生来、込山榛香、福岡聖菜、野澤玲奈。 (c)AKS

AKB48グループのイベント「AKB48グループユニットシングル争奪じゃんけん大会」が、昨日10月10日に兵庫・ワールド記念ホールで開催された。

今回で8回目、関西では初の開催となったAKB48グループのじゃんけん大会。今回は参加メンバーが7つのブロックに分かれ、各ブロックの勝者7名によるユニットとしてCDデビューを果たす。

決戦前のライブでは2015年じゃんけん大会の優勝者、藤田奈那がソロデビュー曲となった「右足エビデンス」を披露。また、島崎遥香がセンターを務める11月16日発売のニューシングル「ハイテンション」も初披露された。

その後98名のメンバーによるトーナメント戦が行われ、7ブロックそれぞれを制した田名部生来(AKB48)、野澤玲奈(AKB48)、渋谷凪咲(NMB48、AKB48)、込山榛香(AKB48)、湯本亜美(AKB48)、福岡聖菜(AKB48)、竹内彩姫(SKE48)は、ユニット内でのセンターの座を賭けて最後の勝負に挑む。決勝は田名部と湯本の戦いとなり、田名部が見事勝利を収めた。優勝した彼女は嗚咽を漏らしながら「ドッキリですか……」「今日のお酒は絶対おいしいです!」と喜びのコメントを語り、会場を笑いに導いた。

また会場では、AKB48グループが2017年の夏に瀬戸内7県を舞台にしたSTU48を発足させることも明かされた。

音楽ナタリーをフォロー