音楽ナタリー

カラスは真っ白タイヘイ&オチが菅田将暉と映画共演「青春の1ページみたい」

877

映画「何者」の撮影シーン。左からタイヘイ、菅田将暉、オチ・ザ・ファンク。

映画「何者」の撮影シーン。左からタイヘイ、菅田将暉、オチ・ザ・ファンク。

カラスは真っ白のタイヘイ(Dr)とオチ・ザ・ファンク(B)が、10月15日公開の映画「何者」に出演することが発表された。

この映画は朝井リョウの同名小説を原作とする人間ドラマ。佐藤健有村架純二階堂ふみ菅田将暉岡田将生の5人が就職活動に励む大学生に扮し、SNS上の人間関係や自意識に翻弄される若者たちの姿を浮き彫りにしていく。

菅田は“OVER MUSIC”というバンドのボーカル兼ギターを担当する光太郎を演じており、タイヘイとオチ・ザ・ファンクはそのバンドメンバーとして登場。3人は撮影の約1カ月前から本格的な練習を積み、劇中では実際にライブシーンを熱演する。さらにシミズコウヘイ(カラスは真っ白 / G)もレコーディングとギター指導で本作に参加している。撮影を終えたタイヘイは「ライブ撮影当日にはOVER MUSICのオリジナルソングも披露したのですが、菅田くん、ベースのオチ、ギター指導のシミズ、僕ドラムのタイヘイみんなで曲を作り、グダグダしながら楽しんで歌詞を付けてたり、今思い出しても青春の1ページみたいで、少し照れます」とコメントした。

さらに菅田と親交のある忘れらんねえよが「俺よ届け」「まだ知らない世界」を、LAMP IN TERRENが「pellucid」を劇中曲として提供。OVER MUSICが本編の中で披露する。

タイヘイ(カラスは真っ白) コメント

東宝撮影所での菅田くんとの顔合わせで「まずスタジオ入ろうや」となり、初対面がバンド結成初日になりました。最初に音を奏で合い、その後にお互いの好きな音楽や趣味の話で盛り上がり、まさにバンドを組んだ時の初期衝動そのものでした。その後も練習、そして遊びを重ねるなか、彼の底知れないフロント力とカリスマ性、役の範疇を超えるほど本物のバンドマンになっていく姿にとても感銘を受けました。ライブ撮影当日にはOVER MUSICのオリジナルソングも披露したのですが、菅田くん、ベースのオチ、ギター指導のシミズ、僕ドラムのタイヘイみんなで曲を作り、グダグダしながら楽しんで歌詞を付けてたり、今思い出しても青春の1ページみたいで、少し照れます。またライブやりたいです!

柴田隆浩(忘れらんねえよ)コメント

僕は菅田さんが凄くかっこいいと思うので
超気合い入れて書いたら、
自分史上最高傑作の曲ができました。

松本大(LAMP IN TERREN)コメント

“pellucid”という楽曲を書きました。ですが、劇中では僕ではなく、菅田将暉さん(光太郎の方がいいか)が歌います。それだけでも、とても不思議な感覚です。
『何者』に登場する人達を、文章を追って妄想を膨らませていくと「自分の周囲もこんな感じだったかな」と、なんとなく懐かしくて、そこへ手紙を書くように曲ができていきました。
おこがましいかもしれませんが、劇中に流れる"pellucid"は僕と菅田さんで、原作にはない光太郎の一面を作れた気がしています。物語のほんの一部ですが、「歌」という視点から作品がより一層伝わる事を願ってます。

菅田将暉コメント

バンド練習は撮影の約1ヶ月前からやらせて頂きました。撮影は本当に楽しくて気持ちよかったです!
会場にいたお客さん・バンドのメンバーと全部の呼吸が合う瞬間があって、その時は本当にたまらなかったです。

(c)2016映画「何者」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー