音楽ナタリー

the GazettE、8年ぶり代々木第一体育館で“最高のライブ”

1491

the GazettE「LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL『漆黒』」の様子。(Photo by HIROE YAMAUCHI)

the GazettE「LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL『漆黒』」の様子。(Photo by HIROE YAMAUCHI)

the GazettEが2月28日に東京・国立代々木競技場第一体育館にてワンマンライブ「LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL『漆黒』」を開催した。

このライブは彼らが昨年9月から行っていた全国ツアー「the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC -UN-」および12月から実施していたツアー「the GazettE LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC -DUE-」の最終公演で、バンドにとって約8年ぶりの国立代々木競技場第一体育館公演となった。

場内にSEとして「NIHIL」が流れ始めると、ステージ後方に用意されたスクリーンにメンバーが制作したという映像が上映された。その後、客席内に5本の光の柱が立つと、それぞれの下には小さなステージが現れそこにメンバーが登場するという演出が。ファンの歓声が上がる中、5人は「DOGMA」でライブをスタートさせたが、この演奏が終わるとメンバーは姿を消し、場内に「RAGE」のイントロが響き渡ると、メンバーが演奏しながらステージに。ファンは大喜びでヘッドバンギングを繰り返し、メンバーはフルスロットルで「DAWN」「VENOMOUS SPIDER'S WEB」といった楽曲を畳みかけていった。

ミディアムチューン「DERACINE」では美しいメロディをRUKI(Vo)が妖艶に歌い上げ、「GRUDGE」では戒(Dr)による精緻なドラムソロが炸裂。「GODDESS」ではステージに灯篭のような照明が並べられ怪しげなムードを作り出された。

曲間にはRUKIが「遠慮するんじゃねえぞ!」「ここにいる全員の“頭の振りっぷり”期待してます」「ヤバいお前らを見せてくれ」とファンを焚きつけ、場内をヒートアップさせ続ける。その言葉に応えるように、オーディエンスはジャンプしたり、振付をしたり、ヘドバンを繰り返したりして、熱狂していった。終盤、RUKIが「まだまだ踊り足りねえよな?」とファンへ語りかけ、バンドはさらに「DEUX」「ATTITUDE」「UNDYING」を連投。RUKIは伸びやかなボーカルで歌い上げたり、感情を吐き出すかのようにシャウトしたりと、渾身の歌声を届け、バンドはあっという間に本編を終えた。

アンコールで再びステージに現れた5人。戒が「ここから見える景色は最高です。君らの暴れっぷりを見てると、the GazettEというバンドを本当に誇りに思います」と感慨深そうに口にする。RUKIは、8年前の国立代々木競技場第一体育館でのライブを振り返り「あのときより皆さんが近く感じます」と話し、さらに黒い服装のファンが多い客席を見渡し「言ってもいないのに真っ黒。そんなお前らを愛してるよ。暴れ狂うお前らみたいな大バカ野郎、大好きだ」と述べた。そしてバンドは「COCKROACH」で再び場内を盛り上げると、銀テープの舞った「TOMORROW NEVER DIES」でステージをあとにした。

さらにアンコールを求める声はやまず、5人はみたびステージへ。RUKIが「ずっとバンドをやっていたいなって思うツアーでした」とツアーを振り返ると、バンドは「枯詩」「春雪の頃」「LINDA」をさらに畳みかけ、大盛り上がりでライブを終了させた。かと思いきや、メンバーが次々とステージ袖に戻っていく様子を見たRUKIがあわてて「あれ、おかしいな。『終わったらみんなでジャンプしようね』って言ってたんだけど(笑)」とこぼす。改めてメンバーがそろうと、最後にRUKIが「今までで最高のライブだったと思います」と締めくくり、5人はに手をつなぐ。そしてファンとともに大きくジャンプして大団円のうちにライブの幕を下ろした。

なおこの日のライブでバンドは7月から8月にかけてスタンディングツアー「DOGMA ANOTHER FATE」を、9月に東京都内にてフリーライブを開催することをアナウンスしている。

the GazettE「LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL『漆黒』」
2016年2月28日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

01. DOGMA
02. RAGE
03. DAWN
04. SLUDGY CULT
05. VENOMOUS SPIDER'S WEB
06. BIZARRE
07. DERACINE
08. GRUDGE
09. GODDESS
10. WASTELAND
11. PARALYSIS
12. LUCY
13. INCUBUS
14. UGLY
15. BLEMISH
16. DEUX
17. OMINOUS
18. UNDYING
<アンコール>
19. INSIDE BEAST
20. VERMIN
21. COCKROACH
22. ATTITUDE
23. TOMORROW NEVER DIES
<ダブルアンコール>
24. 枯詩
25. 春雪の頃
26. LINDA

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】