音楽ナタリー

Perfume、「ちはやふる」イベントで主題歌の振り付けをパフォーマンス

2647

“ちはや女子会”に登場したPerfume。

“ちはや女子会”に登場したPerfume。

昨日3月2日、東京・恵比寿ガーデンルームにて行われた映画「ちはやふる」のひなまつり前夜祭“ちはや女子会”に、サプライズゲストとして主題歌を歌うPerfumeが登場した。

末次由紀のマンガを小泉徳宏が映画化した「ちはやふる」は、競技かるたの頂点を目指す高校生たちの歩みを追う2部作。主人公・綾瀬千早を演じる広瀬すずのほか、千早の幼なじみである太一役の野村周平、同じく幼なじみ新役の真剣佑、かるた部の友人・奏役の上白石萌音らが出演する。

イベントには振袖姿の広瀬、上白石と袴姿のPerfumeが登壇。広瀬が「(共演者たちは)みんなPerfumeさんが大好きなので、撮影の休憩中にPerfumeさんの曲を歌ったり踊ったりしていたんです」と語ると、これを受けたかしゆかが「みんなで現場で歌ってくれてたなんてうれしい! 私たちは3人とも原作が大好きで、映画化をニュースで知った瞬間に『絶対観に行こうね!』って言っていたんです」と喜んだ。

また本作のために書き下ろされた楽曲「FLASH」の振り付けの一部を、Perfumeがレクチャーすることに。かるたを取る動きを盛り込んだという動きについて、のっちは「簡単なので!」と観客の緊張をほぐし、あ~ちゃんは「手裏剣(を投げる動き)みたいにならないようにするのが大事! 最後はみんなで決めましょう! かるたを取ったというドヤ顔を見せてください」とアドバイスし、観客も巻き込んだ全員で振り付けを実践してみせた。

続いて司会者から映画本編の胸キュン場面を問われると、5人は「選べないよねー!!」と大盛り上がり。あ~ちゃんは「太一と千早がひさしぶりに出会うシーン。あれはもう『上の句』では外せない胸キュンポイントです。もう、観てっ!」と興奮気味に答える。かしゆかは「映画の最後のほうで、千早が太一に抱きつくんですよ。もう、そこっ! いろんな思いがあっての抱きつくシーンなんです」、のっちは「新の優しい感じの福井弁が好きです。方言萌えですね」とオススメのシーンを挙げた。また広瀬は「やっぱり千早が太一におんぶしてもらうシーンかな。すごくナチュラルな流れで、幼なじみだからこそできるおんぶだと思いました。でもよく考えると、好きな人の顔がここ(近く)にあるんですよ! そんなの耐えられない! そのとき太一にすごく感情移入しました」と照れた表情を浮かべながら語った。

さらに「太一と新のどちらが好きですか?」という質問に、あ~ちゃんは「新かな。小さいときから天才で、気付けばかるたをやっていた。そういうのに憧れます」、のっちは「新です! 末次先生にお会いしたときに『好きなキャラを描いてあげるよ』と言われて、悩んだ末に新を選びました。そのときに、『私、新のこと好きなんだ……』って気付いたんです」と回答。かしゆかは「私は逆に太一! 太一は切ない思いを胸に秘めながら、ずっと千早を支え続けてくれている存在だと思うんです」と答えた。一方、広瀬が「私はひょうきん者なので、太一なら近くにいてくれて一緒にワイワイできそう。新は憧れていたい存在ですね」と思いを述べると、これを聞いたあ~ちゃんは「実際に付き合うなら太一かも! 新はミステリアスすぎてどこに地雷があるかわからん!」と本音を漏らして観客の笑いを誘った。

「ちはやふる -上の句-」は3月19日より、「ちはやふる -下の句-」は4月29日より全国で公開される。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

音楽ナタリーをフォロー