音楽ナタリー

脳出血で重度の記憶障害に、内藤やす子が「金スマ」で10年ぶりに熱唱

252

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した内藤やす子。(c)TBS

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した内藤やす子。(c)TBS

内藤やす子が3月4日(金)オンエアのTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演し、10年ぶりに音楽活動の復帰を果たす。

内藤は1975年にシングル「弟よ」でデビューし、その後「想い出ぼろぼろ」「六本木ララバイ」などのヒット曲を発表。1989年には「第40回NHK紅白歌合戦」への出場を果たした。深みのあるハスキーボイスと、不良性を備えた強烈なキャラクターで支持された彼女だが、2006年5月28日に福島でのディナーショー中に脳出血で倒れ救急搬送。失語症、右半身のマヒ、認識障害、記憶障害が彼女を襲い、歌手だったことも忘れてしまいながらも夫の献身的な介護を受けてリハビリを続けた。そして2015年5月、所属事務所の社長との話がきっかけとなってボイストレーニングに通うようになる。

4日放送の番組では、彼女の苦闘の日々を記録してきた映像と、本人および周囲の関係者からの取材に基づいた再現ドラマ、そして本人へのインタビューをオンエア。番組の最後には、脳出血で倒れた10年前以来初めて、人前で自らのヒット曲「弟よ」「想い出ぼろぼろ」「六本木ララバイ」を歌い上げる。

なお番組の放送に合わせて3月4日に、「内藤やす子ヒット・メドレー2016(弟よ~想い出ぼろぼろ~六本木ララバイ)」と題した今年2月にレコーディングした音源をiTunes Storeなどで配信リリース。さらに今年夏には新曲の発表も予定されている。

TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

2016年3月4日(金)21:00~22:00

音楽ナタリーをフォロー