音楽ナタリー

ギタリストの松原正樹が逝去

508

ギタリストの松原正樹が、がんのため2月8日に逝去した。61歳だった。

松原の訃報は本日2月10日に妻であるキーボーディストの南部昌江が自身のFacebookページにて発表したもの。南部はファンに向けて「松原が魂を込めた演奏、追求し続けたサウンドの作品は沢山残っていますので、末長く愛聴して頂けたら、松原がこの世に生きた証しとして嬉しく思います」とコメントしている。

1954年生まれの松原は中学時代にギターと出会い、米軍キャンプでのバンド活動などを経て、松任谷由実や日本を代表するセッションギタリストとして活躍。松任谷由実、松田聖子、さだまさし、中森明菜、小泉今日子ら数多くのアーティストの作品に参加し、これまでにレコーディングした楽曲は1万曲を超える。

なお松原のお別れ会が後日、東京都内で催される。詳細は松原が立ち上げた音楽レーベル・Office Rocking Chairの山口栄代表より改めて告知される。

音楽ナタリーをフォロー