音楽ナタリー

RADWIMPS、盟友ONE OK ROCKと横アリ揺らした“胎盤”10日目

2781

RADWIMPS(撮影:植本一子)

RADWIMPS(撮影:植本一子)

RADWIMPSが11月25日に神奈川・横浜アリーナにて、対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の10日目公演を開催した。

このツアーはRADWIMPSがデビュー10周年を記念し、リスペクトしているアーティストを招いて行ったもの。10日目公演には同世代かつ、公私ともに交友のあるONE OK ROCKが出演した。

先攻のONE OK ROCKは「Take me to the top」で勢いよく演奏を開始する。Taka(Vo)は渾身のシャウトを響かせ、Toru(G)、Ryota(B)、Tomoya(Dr)はアグレッシブなサウンドを全力で鳴らす。中盤ではスケール感満点のバラードナンバー「Last Dance」を初披露。Takaは「同じバンドマンとして、10年止まらなかったことは素晴らしいし、これからも続いていくと思います。だから皆さんもしっかり彼らのことを応援してほしい」とRADWIMPSを賞賛した。終盤で彼らは「The Beginning」などのキラーチューンを連投。最後に「完全感覚Dreamer」を叩きつけ、ホストのRADWIMPSへとバトンを渡した。

RADWIMPSはこれまで行ってきた対バン同様に、休養中の山口智史(Dr)の代わりに森瑞希、刄田綴色(ex. 東京事変)という2人のドラマーを迎えてステージに登場。5人は新旧楽曲を織り交ぜたセットリストでオーディエンスを盛り上げていく。軽快なビートに乗せて届けた「ヒキコモリロリン」では大合唱を巻き起こし、あっという間に場内に一体感を作り上げた。

中盤では野田洋次郎(Vo, G)が「ワンオクのライブ観て泣きそうになった。10年前はこんなに大勢の人の前で、ライブをするなんてまったく想像できなかった。飽きっぽい俺が自分の命より大事と思えるものを見つけて、ここまで続けてこれたこと、本当に誇りに思います」としみじみ語る場面も。また昨年の夏頃にTakaと一緒に行った鍼灸院のベッドで、この対バン企画が持ち上がったというエピソードも明かされた。終盤ではライブ当日がリリース日だった新曲「‘I’ Novel」や人気曲「君と羊と青」が届けられる。その後野田はONE OK ROCKとファンへ感謝の言葉を伝えたのち、「これからも変わらず音楽作っていくと思います。よかったら、これからもRADWIMPSをよろしくお願いします」と告げた。アンコールでは野田とTakaの2人によって「バイ・マイ・サイ」が披露される。野田とTakaの歌声が溶け合い、横浜アリーナはやわらかなハーモニーで満たされた。最後にはRADWIMPSとONE OK ROCKの総勢7名で「有心論」をプレイ。7人は肩を抱き合って互いを讃え合った。そしてRADWIMPSのサポートメンバー2人を含む9名でお辞儀をして、スペシャルな対バンライブの幕を下ろした。

音楽ナタリーをフォロー