音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

RADWIMPS“胎盤”6日目、ハナレグミ&クラムボン郁子迎え11人で演奏

1124

RADWIMPS(撮影:古溪一道)

RADWIMPS(撮影:古溪一道)

RADWIMPSが昨日11月16日に愛知・Zepp Nagoyaで、対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」の6日目公演を開催した。

このツアーはRADWIMPSがメジャーデビュー10周年を迎えることを記念して、彼らがリスペクトするアーティストを招いて実施しているもの。愛知公演にはハナレグミが出演した。

ステージに登場した永積崇は「RADWIMPS、10周年おめでとう!」という言葉からライブを開始。彼の温かい歌声がゆっくりと会場を満たしていった。永積は野田洋次郎(Vo, G / RADWIMPS)がこのツアーの東京公演で、きのこ帝国の佐藤千亜妃(G, Vo)とともに歌唱したSUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」、グルーヴ感のある「無印良人」などを演奏しオーディエンスの体を揺らす。そして「ハンキーパンキー」でライブを締めくくった。

続いて登場したのはRADWIMPS。野田は永積に感謝の言葉を述べたのち、彼が最後に披露した「ハンキーパンキー」について「18歳ぐらいのときにすごく悲しい出来事があって、1日に100回ぐらい聴いてた」と語り、同曲をワンコーラス弾き語る。バンドはその後、緩急のある演奏でオーディエンスを楽しませた。アンコールでは野田が1人で登場し、永積を呼び込むとハナレグミ「光と影」を絶妙なコーラスワークで届けた。その後ステージにはRADWIMPSとハナレグミのバンドメンバー、スペシャルゲストとしてクラムボンの原田郁子(Vo, Key)が登場。総勢11人でハナレグミ「おあいこ」が演奏され、ライブは大団円を迎えた。

音楽ナタリーをフォロー