音楽ナタリー

舘ひろしは箱推し!ももクロ「桃神祭2015」にファン熱狂

1065

ももいろクローバーZと舘ひろし。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)

ももいろクローバーZと舘ひろし。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)

ももいろクローバーZが7月31日と8月1日に静岡・エコパスタジアムにてワンマンライブ「ももいろクローバーZ 桃神祭2015 エコパスタジアム大会」を開催。両公演ともに「祭り」をコンセプトに行われたもので、ステージに高さ21メートル、幅23メートルにおよぶ巨大な鳥居や、茅の輪、提灯などが設置された。初日公演「御額様ご来臨」に3万5418人、2日目公演「遠州大騒儀」に4万7018人、両日でのべ8万2000人を超えるファンが集結したほか、「遠州大騒儀」公演の日に全国70劇場73スクリーンで行われたライブビューイングには1万4234人が来場した。この記事では2日目公演の模様をレポートする。

「桃神祭2015」にはバックバンドをダウンタウンももクロバンドに加え、津軽三味線や太鼓、尺八など奏者からなるももクロ和楽器隊を務めたほか、花柳糸之社、長崎龍踊り、サムライロックオーケストラ、沖縄エイサー踊り、青森ねぶた祭りと青森大学といった団体や、3B juniorなどが参加。メインステージのみならず、アリーナを囲む花道、センターステージ、後方ステージをいっぱいに使ったももクロ流の夏祭りが展開された。ももクロはKissとのコラボナンバー「夢の浮世に咲いてみな」からライブをスタートさせ、猛暑をものともしないタフなパフォーマンスを繰り出していった。

ライブの後半、祭りばやしが鳴り響く「桃神大田楽」のパフォーマンスに続けて、元・太陽とシスコムーンのメンバーでもある小湊美和が歌う「ちゃっきり節」では、百田夏菜子が茶摘み衣装をまとって踊りを披露する一幕も見られた。また「泣いてもいいんだよ」の最中には突然演奏がストップ。すぐにめそめそする人間を消し去ることを目的にしている組織「地獄のスパルタ・ヘルブラック団」が乱入し、ももクロが窮地に立たされる。そこに「待て!」という声とともに「あぶない刑事」のテーマ曲が流れ、スーツにサングラス姿の舘ひろしが登場した。舘はショットガンを手に悪党をやっつけ、会場に平和をもたらしてから「泣かないで」を歌唱。また観客からの「ひろしー!」コールに笑顔を見せたほか、なぜももクロのライブに来たのかを尋ねられた際には「この衣装からもわかる通り、私、箱推しです。このスーツは箱推しの黒です」とクールに答えていた。高城れにはそんな舘の姿に目を輝かせながら「ほんとに大好きなんですよ、すごく大ファンです!」と話し、過去に「舘ひろしに会いたい」という気持ちを歌詞につづったことがあると明かした。

アンコールでは玉井詩織と高城が下手側の花道に、有安杏果、佐々木彩夏、百田が上手側の花道に立ってメインステージ後方にいるバックバンドとコミュニケーションを取る中、突然場内に「ももクロー! 来たぞー!」という声が。真っ赤なジャケットを着た松崎しげるがステージ下手側のスタンドエリアに現れ、「愛のメモリー」に乗せてももクロのニューアルバムリリースとドームツアー開催を発表した。その後改めて3rdアルバムと4thアルバムが2016年2月17日に同時リリースされることと、ドームツアーの日程がスクリーンに映されると、場内はどよめきと歓声に包まれた。

その後「ニッポン笑顔百景」「キミノアト」「一粒の笑顔で…」を披露してライブを終えたももクロは、「桃神祭2015」を振り返る。この中で本公演のリハーサル中に左手を骨折し、パフォーマンス内容を変えてライブに臨んだ高城は「逆境がチャンスだと人に言われてた。本当にその通りだった。骨折れてるんですけど、この世に生まれてよかったってくらい最高のライブでした」と万感の思いを語った。最後には百田が「あんまりももクロって闘争心とか競争心とかはないんです。でもみんなの笑顔だけは絶対に譲れないなと」と自らの思いをファンに伝えた。そして5人は「以上! 私たち、今会えるアイドル、週末ヒロインももいろクローバーZ!」という挨拶をもって、夏の一大イベントを締めくくった。

ももいろクローバーZ「ももいろクローバーZ 桃神祭2015 エコパスタジアム大会~遠州大騒儀~」
2015年8月1日 エコパスタジアム公演 セットリスト

01. 夢の浮世に咲いてみな
02. 全力少女
03. Rock and Roll All Nite
04. ワニとシャンプー
05. Link Link
06. サラバ、愛しき悲しみたちよ
07. 「Z」の誓い
08. ココ☆ナツ
09. Chai Maxx
10. ももいろ太鼓どどんが節
11. 泣いてもいいんだよ
12. 泣かないで(舘ひろし
13. 黒い週末
14. ツヨクツヨク
15. 青春賦
<アンコール>
16. ピンキージョーンズ
17. ニッポン笑顔百景
18. キミノアト
19. 一粒の笑顔で…

音楽ナタリーをフォロー