音楽ナタリー

YOSHIKI、ゴンドラに乗ってピューロランドに光臨

2836

ハグするハローキティとYOSHIKI。(c) 2014 SANRIO CO.,LTD.

ハグするハローキティとYOSHIKI。(c) 2014 SANRIO CO.,LTD.

YOSHIKI(X JAPAN)が本日11月24日に東京・サンリオピューロランドで行われたパレード「ARIGATO EVERYONE!」に参加した。

ハローキティのデザイナーである山口裕子と親交があり、2009年5月にはコラボキティ“Yoshikitty”が誕生するなどキティとは縁が深いYOSHIKI。この日、彼はパレードのクライマックスに登場し、来場者やファンを魅了した。

YOSHIKIは自身が書き下ろしたハローキティ公式ソング「HELLO HELLO(仮)」のEDMバージョンをバックに、ゴンドラに乗って優雅に登場。黄色い歓声を浴びながら現れた彼は、キティを交えながら「HELLO HELLO(仮)」の制作秘話を語った。締め切りの直前に急にメロディが浮かんだエピソードが明かされると、キティが喜びのあまり震える一幕も。ゴンドラに乗って登場した感想を司会者に聞かれると「怖かった」と本音を吐露しながら、「次、X JAPANでもゴンドラで登場しようかな?」と茶目っ気を見せた。その後、YOSHIKIはキティと一緒に自撮りを楽しみ、さらにはフロートに乗って場内を2周。ファンとのコミュニケーションを堪能したのち、「ハローキティの公式ソングを書かせていただいて光栄です」「今までいろんなテーマ曲を書いてきましたが、今回はハローキティのことを思って書きました」と述べた。パレード中には11月20日に誕生日を迎えたばかりのYOSHIKIを祝福して、観客が「HAPPY BIRTHDAY」の合唱を贈ったほか、キティがハグをプレゼントする演出も。さらに観客の「We are X!」コールに応え、YOSHIKIとキティがXポーズを決め、ピューロランドはライブ会場さながらの熱気に包まれた。

パレードへの参加後、YOSHIKIはYoshikittyと2人で囲み取材にも参加。YOSHIKIは初めて訪れたピューロランドについて「とてもメルヘンの世界で感動しました」「(来場してる)お子さん、かわいいですね。子供欲しいですね」と語る。そして「HELLO HELLO(仮)」については今後、世界各国の言語によるバージョンやロックバージョン、クラシックバージョンを作っていくつもりであることを明かした。記者からの質問は今後の音楽活動にもおよび、YOSHIKIはX JAPANのアルバムを2015年にリリースする予定であることや、アメリカ・ニューヨークのMadison Square Gardenに再び立つ夢を抱いていることを語った。また先日Twitterで公開したマリリン・マンソンとのツーショットについても言及し、「今後のお楽しみに……」と含みを持たせた。

※記事初出時、本文に事実とは異なる記述がありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー