音楽ナタリー

内田裕也、HKT48ライブでシェキナベイベー

130

HKT48アリーナツアー「可愛い子にはもっと旅をさせよ」福岡公演の様子。(c)AKS

HKT48アリーナツアー「可愛い子にはもっと旅をさせよ」福岡公演の様子。(c)AKS

昨日7月13日に福岡・海の中道海浜公園で行われたHKT48のアリーナツアー「可愛い子にはもっと旅をさせよ」最終公演に内田裕也がゲスト出演。指原莉乃とのコラボナンバー「シェキナベイベー」を披露した。

この日のライブはオープニングから全メンバーが登場。指原が「今日は伝説に残る最高の1日にしようぜー!」と叫ぶと、会場に集まった約1万人のファンから大きな歓声が。そして松岡菜摘も冒頭のMCで「幸せなことに雨降ってませんよ。今博多では山笠祭り中なんですが山笠に負けずにがんばっていきたいです。最後まで思い出作っていただけますかー?」と叫び、観客を煽った。

内田はライブの中盤でステージに現れ、会場をところ狭しと動きながら指原と楽曲を熱唱。会場からの「壮絶可愛い裕也!」というコールに「裕也コールが起こってうれしかったよ」と話し、ステージを去った。

その後ライブでは夏の曲だけで構成された“夏メドレー”やNMB48の「てっぺんとったんで!」の博多弁バージョン「てっぺんとっちゃるけん!」が披露された。最後はHKT48メンバー全員で3rdシングル「桜、みんなで食べた」をパフォーマンスし、アリーナツアー最終公演は大盛り上がりで幕を閉じた。

なおゲスト出演した内田はライブ後に「指原君とHKT48の皆さんとジョイントするなんて夢にも思ってませんでした。今日は指原のパフォーマンスに圧倒されっぱなしだったよ。俺の一生の中でも忘れられないコンサートになりました。(HKT48の)みんな、これからもがんばって! シェキナベイベー」とコメントした。

音楽ナタリーをフォロー