生誕100年、越路吹雪の衣裳展がエンパクで開催 こだわり詰まったドレスやアクセサリーなど展示

14

343

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 123 186
  • 34 シェア

東京・早稲田大学演劇博物館の春季企画展「生誕100年 越路吹雪衣装展」が、4月25日から8月4日まで同館2階 企画展示室にて開催される。

「生誕100年 越路吹雪衣装展」チラシ表

「生誕100年 越路吹雪衣装展」チラシ表

大きなサイズで見る(全10件)

越路吹雪が「ロングリサイタル」で着用したドレス。(1969年、イヴ・サンローラン)

越路吹雪が「ロングリサイタル」で着用したドレス。(1969年、イヴ・サンローラン)[拡大]

1924年生まれの越路吹雪は、戦後の宝塚歌劇団で男役トップスターとなり、退団後は「王様と私」「屋根の上のバイオリン弾き」「アプローズ」「結婚物語」など主にミュージカルで活躍したほか、シャンソン歌手として「愛の讃歌」「サン・トワ・マミー」などをヒットさせた。

越路吹雪が「リサイタル」で着用したドレス。(1970年、イヴ・サンローラン)

越路吹雪が「リサイタル」で着用したドレス。(1970年、イヴ・サンローラン)[拡大]

一方、越路は幼少期よりファッションに興味を持ち、宝塚歌劇団所属時代には“ベストドレッサー”と称された。中原淳一が創刊した少女雑誌「それいゆ」「ひまわり」にも登場し、服へのこだわりを語っている。1953年のフランス旅行以来、フランス・パリの舞台とファッションに刺激を受けた越路は、後年の「ロングリサイタル」にてイヴ・サンローランやニナ・リッチなどのオートクチュールドレスを舞台衣裳とした。

越路吹雪が「ロングリサイタル」で着用したドレス。(1971年、イヴ・サンローラン)

越路吹雪が「ロングリサイタル」で着用したドレス。(1971年、イヴ・サンローラン)[拡大]

越路の生誕100年を記念する本展では、舞台衣裳、アクセサリー、ポスター、写真、雑誌などから、越路の軌跡と共に、彼女のこだわりや美意識が紹介される。入場は無料。

越路吹雪が「アプローズ」初演で着用したド衣裳。(1972年、イヴ・サンローラン)

越路吹雪が「アプローズ」初演で着用したド衣裳。(1972年、イヴ・サンローラン)[拡大]

この記事の画像(全10件)

早稲田大学演劇博物館 2024年度春季企画展「生誕100年 越路吹雪衣装展」

2024年4月25日(木)~8月4日(日)
東京都 早稲田大学演劇博物館 2階 企画展示室

全文を表示

読者の反応

Yuki @tosmilebehappy

わぁ、これは観てみたい👗 https://t.co/xc2d8FJJ9d

コメントを読む(14件)

越路吹雪のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 越路吹雪 / 宝塚歌劇団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします