“劇場そのもの”をテーマにしたゲッコーパレードの新シリーズが始動

1

41

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 12 15
  • 14 シェア

ゲッコーパレード「劇場I『プロローグ』」が、12月25・26日に東京・テルプシコールで上演される。

ゲッコーパレード「劇場I『プロローグ』」チラシ表(Photo by Kenji Seo)

ゲッコーパレード「劇場I『プロローグ』」チラシ表(Photo by Kenji Seo)

大きなサイズで見る(全2件)

これは、ゲッコーパレードによる“劇場そのもの”をテーマにした「劇場シリーズ」の第1作。今回は泉鏡花「天守物語」をメインテキストに用い、“舞台に棲まう演劇の姿”を描く。また本作では、オスカー・ワイルド「サロメ」、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「ファウスト」、 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」、岸田國士「チロルの秋」のテキストが引用される。

とある女が舞台に忍び込み、芝居のまねごとを始めた。彼女が言葉で遊ぶうち、その“言葉”も“舞台”も歪み始め……。崎田ゆかりの一人芝居で、崎田が脚本、黒田瑞仁が演出を手がける。

この記事の画像(全2件)

ゲッコーパレード「劇場I『プロローグ』」

2021年12月25日(土)・26日(日)
東京都 テルプシコール

引用テキスト:オスカー・ワイルド「サロメ」、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「ファウスト」、 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」、岸田國士「チロルの秋」
脚本:崎田ゆかり
演出:黒田瑞仁
出演:崎田ゆかり

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

“劇場そのもの”をテーマにしたゲッコーパレードの新シリーズが始動
https://t.co/lYRaaA1Q19 https://t.co/8z7m6lrbUz

コメントを読む(1件)

ゲッコーパレードのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ゲッコーパレード / 黒田瑞仁 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします