キャストが意気込み語る、岡田利規演出“今を生きる私たちのための”「夕鶴」

41

10月30日に開幕する全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」より、キャストのコメントと稽古場の写真が届いた。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

大きなサイズで見る(全30件)

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。[拡大]

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。[拡大]

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。[拡大]

本公演は、團伊玖磨による歌劇「夕鶴」を、岡田利規の新演出で立ち上げるもの。本作には、つう役の小林沙羅、与ひょう役の与儀巧、運ず役の寺田功治、惣ど役の三戸大久に加え、ダンサーの岡本優、工藤響子が出演する。指揮を、東京公演では辻博之、愛知公演と熊本公演では鈴木優人が務める。

上演に向けて小林は「稽古場ではこれまであたりまえ、常識だと思い込んでいた固定概念が次々と崩れていき、新たな世界が現れる、という、刺激的な時間を過ごしています。今を生きる私たちのための『夕鶴』です」とコメント。与儀は「『これは民話ではなく現代劇演劇である』と言う原作者の木下順二さんの望んだ舞台はこれなのかもと、ようやく見えてきた岡田さんの演出に興奮しております」と言い、寺田は「今回岡田さんの演出によって、観てくださる方々がどのようにこの歌劇を感じていただけるか、楽しみながらリハーサルを行っております」、三戸は「日本で初めてであろう現代版『夕鶴』是非劇場で体感していただきたいです」と手応えを語っている。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」は10月30日に東京・東京芸術劇場 コンサートホール、来年1月30日に愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール、2月5日に熊本・熊本県立劇場 演劇ホールで上演される。

小林沙羅コメント

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。[拡大]

長年憧れだった「夕鶴」のつう役を演じさせていただけること、本当に楽しみです。今回は演出の岡田利規さんのもと、私の頭の中にこれまであった「夕鶴」のイメージとは全く違った舞台を作り上げていくことになります。稽古場ではこれまであたりまえ、常識だと思い込んでいた固定概念が次々と崩れていき、新たな世界が現れる、という、刺激的な時間を過ごしています。今を生きる私たちのための「夕鶴」です。ぜひ劇場へ、体験しにいらして下さい。

与儀巧コメント

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」稽古の様子。[拡大]

「心や顔で感情を表現しようとしないでください。何故なら、それは音楽と歌に既に表現されています」

猛スピードでオペラへの理解を深める岡田さんからの問いに、奮闘しております。「これは民話ではなく現代劇演劇である」と言う原作者の木下順二さんの望んだ舞台はこれなのかもと、ようやく見えてきた岡田さんの演出に興奮しております。

寺田功治コメント

「夕鶴」は「ぞうさん」などの童謡を作曲した團伊玖磨先生の歌劇で、日本のみならず、世界でも上演されている珍しい作品です。話そのものはほぼ「鶴の恩返し」と一緒ですが、今回運ず役を務めさせていただくことで、このお話そのものの奥深さと、そこに音楽が有ることによる心理描写の奥深さを日々感じています。今回岡田さんの演出によって、観てくださる方々がどのようにこの歌劇を感じていただけるか、楽しみながらリハーサルを行っております。

三戸大久コメント

日本オペラの金字塔「夕鶴」に参加できること、とても光栄に思うと共に、新しい「夕鶴」を作り上げていく高揚感を覚えております。

古典を現代でどう表現するのかは現代を生きるアーティストの使命とも感じております。

モーツァルトを現代で表現する様に「夕鶴」もいま次の表現が求められていると感じております。

普遍的なものは変えず、しかし現代を生きる我々がどう感じるか。それを岡田さんの元、キャスト、スタッフで作り上げている毎日です。

日本で初めてであろう現代版「夕鶴」是非劇場で体感していただきたいです。

なおステージナタリーでは岡田と岡本の対談を掲載している。

この記事の画像(全30件)

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」

2021年10月30日(土)
東京都 東京芸術劇場 コンサートホール

2022年1月30日(日)
愛知県 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

2022年2月5日(土)
熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール

指揮:辻博之(東京公演)、鈴木優人(愛知・熊本公演)
演出:岡田利規

キャスト

つう:小林沙羅(ソプラノ)
与ひょう:与儀巧(テノール)
運ず:寺田功治(バリトン)
惣ど:三戸大久(バスバリトン)

ダンス:岡本優、工藤響子

管弦楽:ザ・オペラ・バンド(東京公演)、刈谷市総合文化センター管弦楽団(愛知公演)、九州交響楽団(熊本公演)

子供たち:世田谷ジュニア合唱団(東京公演)、アイリス少年少女合唱団(愛知公演)、NHK熊本児童合唱団(熊本公演)

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

岡田利規のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田利規 / 岡本優 / TABATHA の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします