目の前の男がめんどくさい、#家で出来る演劇「ぶれる境界」脚本にゴジゲンの善雄善雄

#家で出来る演劇 at 北千住BUoY「ぶれる境界」が、10月1日から3日まで東京・BUoY 2階 ギャラリー2で上演される。

#家で出来る演劇 at 北千住BUoY「ぶれる境界」チラシ表

#家で出来る演劇 at 北千住BUoY「ぶれる境界」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

#家で出来る演劇は、コロナ禍でも演劇にラフに触れ続けることを目的とした、俳優による俳優のためのプロジェクト。今回の「ぶれる境界」では、企画・出演を日野あかりと佛淵和哉が担い、脚本をゴジゲンの善雄善雄、演出をフロアトポロジーの小崎愛美理が手がける。作中では、自分を疑う男と、現実を疑う女がとりとめもなく語り合う。女は「目の前の男がめんどくさい」と思っていて……。

なお本公演の収録映像は、後日配信販売される予定だ。

この記事の画像(全2件)

#家で出来る演劇 at 北千住BUoY「ぶれる境界」

2021年10月1日(金)~3日(日)
東京都 BUoY 2階 ギャラリー2

脚本:善雄善雄
演出:小崎愛美理
企画・出演:日野あかり、佛淵和哉

全文を表示

善雄善雄のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 善雄善雄 / 小崎愛美理 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします