幻灯劇場「盲年」開幕、藤井颯太郎「鋭くなってしまった破片を拾おうとする手を愛おしむ」

1

124

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 41 82
  • 1 シェア

幻灯劇場「盲年」が、本日8月27日に京都・京都芸術センター 講堂で開幕する。

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

大きなサイズで見る(全8件)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

藤井颯太郎が脚本・演出を手がける「盲年」は、幻灯劇場が2019年に初演し、第25回劇作家協会新人戯曲賞の最終候補に選出された作品。観世元雅による能「弱法師」を下敷きに、現代社会における家庭内暴力や犯罪を扱った物語を描く。

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

地下鉄のホームで電車を待っていた裁判官の徳丸透は、15年前に捨てた息子・春(しゅん)が向かいのホームに立っているのを見つける。春の目が見えないことに気付いた裁判官は、赤の他人を装いながら「一緒に住まないか」と誘い……。

開幕に際し、藤井は「アナタが誰かのお気に入りの皿だとして、うっかり落とされ不本意ながら割れてしまったとして、がっかりしながら拾おうとした所、その肌を切ってしまった。みたいな。そんな作品になりました。鋭くなってしまった破片を拾おうとする手を愛おしむ話です」とコメントした。

上演時間は1時間30分を予定。京都公演は8月29日まで行われ、9月30日から10月4日まで東京・こまばアゴラ劇場で上演される。東京公演分のチケット予約は8月29日にスタート。

この記事の画像(全8件)

幻灯劇場 第9回公演「盲年」

2021年8月27日(金)~29日(日)
京都府 京都芸術センター 講堂

2021年9月30日(木)~10月4日(月)
東京都 こまばアゴラ劇場

脚本・演出:藤井颯太郎
出演:村上亮太朗、橘カレン、松本真依、鳩川七海、本城祐哉、谷風作、藤井颯太郎

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】幻灯劇場「盲年」開幕、藤井颯太郎「鋭くなってしまった破片を拾おうとする手を愛おしむ」(コメントあり)
https://t.co/3BNW72fa3n https://t.co/N6Psb12LYx

コメントを読む(1件)

関連記事

幻灯劇場のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 幻灯劇場 / 藤井颯太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします